あなたは私の嫁になる シュルストラヴィクの娘たち

 かつて分断されし民は、今となって兄弟となった。しかしてその仲に愛というものはなく、利用と、利用されるばかりの。そうであったからこそに、誰もが旗を翻し、利用される側から脱しようと苦心していた。
遠き日々、近き明日。我語りし、赤き御星の物語---
 その土地には生贄の風習があったとされる。実際には、それは捏造されたものであった。
 如何に捏造であろうとも、積み重なった命たちは、失われたことに変わりはない。
 積み重なった命の積層を、忘れないためにも。

(地球とは別の環境が舞台となっているため、主となる感覚が人間とは多少異なります。そのため「視覚」に関する表現が「聴覚」などに置き換えられていますことをご了承ください。)
この作品は「小説家になろう」で連載しておりました。
24hポイント 0pt
小説 101,275 位 / 101,275件 ファンタジー 27,259 位 / 27,259件