あやかし猫社長は契約花嫁を逃さない

☆第七回キャラ文芸大賞奨励賞受賞☆応援ありがとうございます!

限界社畜生活を送るズボラOLの古河龍子は、ある日「自宅と会社がつながってれば通勤が楽なのに」と願望を口にしてしまう。

あろうことか願いは叶ってしまい、自宅の押入れと自社の社長室がつながってしまった。

その上、社長の本性が猫のあやかしで、近頃自分の意志とは無関係に猫化する現象に悩まされている、というトップシークレットまで知ってしまうことに。

(これは知らなかったことにしておきたい……!)と見て見ぬふりをしようとした龍子だが、【猫化を抑制する】特殊能力持ちであることが明らかになり、猫社長から「片時も俺のそばを離れないでもらいたい」と懇願される。
「人助けならぬ猫助けなら致し方ない」と半ば強引に納得させられて……。

これは、思わぬことから同居生活を送ることになった猫社長と平社員が、仕事とプライベートを密に過ごし、またたびに酔ったりご当地グルメに舌鼓を打ったりしながら少しずつ歩み寄る物語です。

※「小説家になろう」にも公開しています。
24h.ポイント 21pt
0
小説 26,113 位 / 185,543件 キャラ文芸 249 位 / 4,338件