なぜ今まで頑張ってきた私が真実の愛を邪魔する悪者になるのですか?

それは突然だった。

「アメリア・イングランド。お前との婚約は破棄する。もう決めたことなんだ」

アメリアの婚約者であるサイモン・エヴァンスはパーティー会場にて、いきなりアメリアへ婚約破棄を申し付けてきた。

隣に見知らぬ女性を連れて。

当然、アメリアは拒否した。
しかしサイモンはアメリアに許しを乞うために土下座までし始めた。

しかし、王妃の準備に今までの人生をかけていたアメリアは婚約破棄を受け入れられなかった。
全てを捧げてきた物を何の努力もしていない人間に盗まれるのは、我慢ならないのは当然だ。

だが、それを見ていた周囲の人物はアメリアへと物を投げ、罵声を浴びせ始めた。

「なぜそんな事が言えるんだ!」
「このクズが!」

それを利用し、サイモンはアメリアを悪者へと無自覚に仕立て上げる。

誹謗中傷。
肉体的な暴力。

全ての悪意がアメリアへ向いていく。

サイモンは悪気もなく一緒になってアメリアを責め立てる。


なぜ今まで頑張ってきた私が真実の愛を邪魔する悪者になるのですか?
24hポイント 23,912pt
小説 90 位 / 144,164件 恋愛 55 位 / 45,054件