マザコン夫の道具になるくらいなら、私、国王の子を産んでやるから!

「ティアナ、安心して。懐妊しやすいように母上が初夜の手ほどきをしてくれるからね」
「はい!?」

私はこの結婚が失敗だと悟った。

夫に月の障りと嘘をついて、ある人へ手紙を送った。
ハンス国王──幼少の頃、王母アンネリース様の貴族学校で一緒だった。

程なくしてマイヤー伯爵夫人として宮仕えを命じられた。
そして私は、かつての友人、国王となった彼に再会したのだ。

その夜──……


「好きだ」


愛の告白を、受けた。

私はもうマイヤー伯爵夫人……でも。
夫婦の寝室に母親を入れようなんて馬鹿男の子供じゃなくて、
どうせ命懸けで産むなら国王の子を産むほうが、絶対いいわよね?
24hポイント 619pt
小説 2,046 位 / 100,095件 恋愛 1,062 位 / 27,937件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

実家から絶縁されたので好きに生きたいと思います

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:56680pt お気に入り:9724

ちょっと婚約破棄してきますね、駆け落ちするんで。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:541pt お気に入り:72

この婚約はなかった事にしてください。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:177pt お気に入り:71

悪役令嬢と婚約破棄後して、幸せになるつもりだったのに不幸になった王太子の話

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:197189pt お気に入り:4210

婚約破棄されたおかげで素敵な元帥様と結ばれました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:205pt お気に入り:431