絡まるソースのような

 幼馴染の奏太が貧血で倒れたことをキッカケに、彩夏がバァヤ(おばあちゃん)として奏太の夕ご飯を家で作ってあげることに。
 彩夏は奏太に対してバァヤ目線で、会話をしていく。
 奏太は彩夏のことが恋愛として好き。
 しかし彩夏は奏太のことが実は恋愛として好きだということに気付いていない。
 そんな彩夏と奏太が料理で交流していき、彩夏が恋愛に気付いていくストーリー。
24hポイント 0pt
小説 105,375 位 / 105,375件 ライト文芸 4,766 位 / 4,766件