発明家を目指したら、見初められました!?

エルフィング=アンバートは疲れていた。

侯爵という地位、そして次期宰相候補という肩書きに群がる淑女の皆様からの猛烈なアピールに。
癒しが欲しい、と街へ向かうと一人の女性と出会う。

それは偶然だった。

見た目は可憐でお淑やかな女性。
それなのに、頭と手には変な道具。

偉大な祖父に憧れ、発明家を目指している彼女。
鞄の中から取り出される幾つもの珍しい何かと、それを語る彼女にいつの間にかとても癒されていた。

そこで、彼は考えた。

彼女を妻にすれば毎日癒されるのでは無いか、と………




☆カダール王国シリーズ第二弾☆
アンバート家長男、エルフィング=アンバート編
24hポイント 14pt
小説 15,628 位 / 85,244件 恋愛 6,668 位 / 22,756件