太陽に手を伸ばしても





ずっと近くにいたはずの幼なじみは、いつの間に届かない存在になってたんだろう…。


久しぶりに戻ってきた生まれの街、
久しぶりに再会した大切な野球仲間、


そしてなぜかすっかり高嶺の花になってしまった、僕のずっと好きな人。



片想いでも、たとえ叶わない恋でも、
なかなか言えなくても、それでも、

「伝えたい」

そう思ってしまうのはどうしてなんだろう。




『太陽に手を伸ばしても』




この話が、読んだあなたの恋の思い出になりますように!






24hポイント 0pt
小説 91,708 位 / 91,708件 恋愛 24,874 位 / 24,874件