ルール

放課後の恒例となった、友達同士でする怪談話。
その日聞いた怪談は、実は高校の近所が舞台となっていた。
主人公の亜美は怖がりだったが、周りの好奇心に押されその場所へと向かうことに。

その怪談は何を伝えようとしていたのか――その意味を知ったときには、もう遅い。


□第6回ホラー・ミステリー小説大賞にて奨励賞をいただきました□

※章ごとに登場人物や時代が変わる連作短編のような構成です(第一章と最後の二章は同じ登場人物)。
※結構グロいです。
※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。
※カクヨム、小説家になろうにも掲載しています。


©2022 新菜いに
24h.ポイント 0pt
0
小説 185,274 位 / 185,274件 ホラー 6,787 位 / 6,787件