新菜いに

新菜いに

にいなです。主に別サイトを生息地としていますが、こちらでは完結済長編をぽこぽこ置いていこうと思います。
6
東京タワーのてっぺんで睨み合う男と女。 男は女を敵とみなしていた。 女は男の顔が好みだった。 男のふとした表情に、女・一葉《ひとは》はうっかり足を滑らせ東京タワーから落っこちてしまう。 しかし彼女は吸血鬼、落ちたところで問題はない。 理想の顔に出会えたことで意気揚々と帰路に着く一葉。そんな彼女を待っていたのは上司からの一言だった。 「お前、吸血鬼ハンターになれ」 正気かなと思いつつも渋々承諾した一葉の前に現れたのは東京タワーで出会った男・キョウ。彼もまた吸血鬼ハンターだった。 運良くバディを組めることになったものの、心底吸血鬼を嫌う人間のキョウとの仲はなかなか縮まらない。 日々キョウの怒りを煽り続ける一葉。 一葉にキレ続けるキョウ。 だが共に行動するうちに、お互いのことを知るようになり――うざ煽り系ヒロインとこじらせ顔だけ男の織りなすじれじれ恋愛譚(になってればいいな)。 ※以下作品と同じ世界観ですが、こちらの内容にはほぼ触れません。 『マリオネットララバイ 〜がらくたの葬送曲〜』 https://www.alphapolis.co.jp/novel/937218132/120654877 ※以下にも掲載しています。 https://ncode.syosetu.com/n3039ie/ ©2022- 新菜いに
24h.ポイント 7pt
小説 38,243 位 / 183,942件 恋愛 16,333 位 / 56,013件
文字数 209,547 最終更新日 2024.02.29 登録日 2024.01.16
フリーターの青年・八尾《やお》が気が付いた時、足元には死体が転がっていた。 見知らぬ場所、誰かも分からない死体――混乱しながらもどういう経緯でこうなったのか記憶を呼び起こそうとするが、気絶させられていたのか全く何も思い出せない。 しかも自分の手には大量の血を拭き取ったような跡があり、はたから見たら八尾自身が人を殺したのかと思われる状況。 誰かが自分を殺人犯に仕立て上げようとしている――そう気付いた時、怪しげな女が姿を現した。 意味の分からないことばかり自分に言ってくる女。 徐々に明らかになる死体の素性。 案の定八尾の元にやってきた警察。 無実の罪を着せられないためには、自分で真犯人を見つけるしかない。 八尾は行動を起こすことを決意するが、また新たな死体が見つかり…… ※動物が殺される描写があります。苦手な方はご注意ください。 ※登場する施設の中には架空のものもあります。 ※この作品はカクヨムでも掲載しています。 ©2022 新菜いに
24h.ポイント 0pt
小説 183,942 位 / 183,942件 ミステリー 4,160 位 / 4,160件
文字数 133,425 最終更新日 2023.03.24 登録日 2023.02.26
昊涯国《こうがいこく》――時和《ときなぎ》と呼ばれる時を読む能力者が治める国。時和は管理され、その中から選ばれた者が時嗣《ときつぎ》として国を治めていた。 銀色の髪を持つ少女・三郎《さぶろう》は、この昊涯国で時嗣候補の少年・白柊《はくしゅう》の護衛役を勤めていた。 彼は家のしきたりで性別も顔も隠さなければならない三郎が、素顔を晒すことのできる数少ない相手。ついつい気を抜きがちな三郎に厳しい叱責を飛ばすが、二人の間には確かな絆があった。 平和な日々が続いていたある日、白柊が自身の周りに不穏な空気を感じ取る。 幼い主人の命令で、周囲の調査に赴く三郎。しかしそこで、自分を遥かに上回る実力を持つ男・天真《てんま》と遭遇してしまう。 時嗣に次ぐ権力者である白柊を傀儡にしようと目論む天真。しかも彼は『腰が気に入った』という理由で三郎に纏わりつく。 さらに白柊に至っては、信用できない天真までも自らの目的のために利用しだす始末。 脅かされる三郎の安寧。要領を得ない主の指示。 しかしそうこうしている間にも、白柊の感じた不穏な空気はどんどん形を帯びていき……――。 ※本作は三部構成の予定です(第二部〜連載中) ※第一部は全体のプロローグ的な位置付けになっています。 ※本作はカクヨム、小説家になろうにも掲載しています。
24h.ポイント 0pt
小説 183,942 位 / 183,942件 キャラ文芸 4,382 位 / 4,382件
文字数 116,667 最終更新日 2023.01.21 登録日 2022.12.26
『ファンタジー×サスペンス。信頼と裏切り、謎と異能――嘘を吐いているのは誰?』 ある年の冬、北海道沖に浮かぶ小さな離島が一晩で無人島と化した。 この出来事に関する情報は一切伏せられ、半年以上経っても何が起こったのか明かされていない――。 ごく普通の生活を送ってきた女性――小鳥遊蒼《たかなし あお》は、ある時この事件に興味を持つ。 事件を調べているうちに出会った庵朔《いおり さく》と名乗る島の生き残り。 この男、死にかけた蒼の傷をその場で治し、更には壁まで通り抜けてしまい全く得体が知れない。 それなのに命を助けてもらった見返りで、居候として蒼の家に住まわせることが決まってしまう。 蒼と朔、二人は協力して事件の真相を追い始める。 正気を失った男、赤い髪の美女、蒼に近寄る好青年――彼らの前に次々と現れるのは敵か味方か。 調査を進めるうちに二人の間には絆が芽生えるが、周りの嘘に翻弄された蒼は遂には朔にまで疑惑を抱き……。 誰が誰に嘘を吐いているのか――騙されているのが主人公だけとは限らない、ファンタジーサスペンス。 ※ミステリーにしていますがサスペンス色強めです。 ※作中に登場する地名には架空のものも含まれています。 ※痛グロい表現もあるので、苦手な方はお気をつけください。 本作はカクヨム・なろうにも掲載しています。(カクヨムのみ番外編含め全て公開) ©2019 新菜いに
24h.ポイント 0pt
小説 183,942 位 / 183,942件 ミステリー 4,160 位 / 4,160件
文字数 355,734 最終更新日 2022.10.29 登録日 2022.08.29
恋愛 完結 長編 R15
平穏に暮らしていた女子高生、神納木《こうのき》ほたる。 いつもの塾の帰り道、不審な存在に遭遇したのをきっかけに彼女の“いつもどおり”が終わりを告げた。 突然見知らぬ男に連れ去られた先は吸血鬼達の世界。 そこでわけも分からないまま裁判にかけられ、告げられたのは自身が謎の“シュシ持ち”だということ。 「登録のないシュシ持ちは処分される決まりがある」 処分――死を回避するためには誰がほたるにシュシを与えたか調べ、その者にシュシを取り除いてもらわなければならない。 突きつけられた命の期限、しかも周りは全員吸血鬼――彼らの抱く憎しみの矛先は、ほたる。 自分を攫った誘拐犯とともに、ほたるは吸血鬼の世界で旅に出る。 ※序盤はそこまででもないですが、中盤以降はグロめな表現がぽこぽこ出ます(私にしては極力控えているつもりです) ※カクヨム、小説家になろうでも掲載しています。 ※カクヨムにのみスピンオフと本編に収まらなかった番外編(予定)入りコレクションを置いています。  →https://kakuyomu.jp/users/nina_arata/collections/16816927859728193064 ©2021 新菜いに
24h.ポイント 0pt
小説 183,942 位 / 183,942件 恋愛 56,013 位 / 56,013件
文字数 336,602 最終更新日 2022.08.26 登録日 2022.07.20
放課後の恒例となった、友達同士でする怪談話。 その日聞いた怪談は、実は高校の近所が舞台となっていた。 主人公の亜美は怖がりだったが、周りの好奇心に押されその場所へと向かうことに。 その怪談は何を伝えようとしていたのか――その意味を知ったときには、もう遅い。 □第6回ホラー・ミステリー小説大賞にて奨励賞をいただきました□ ※章ごとに登場人物や時代が変わる連作短編のような構成です(第一章と最後の二章は同じ登場人物)。 ※結構グロいです。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※カクヨム、小説家になろうにも掲載しています。 ©2022 新菜いに
24h.ポイント 0pt
小説 183,942 位 / 183,942件 ホラー 6,781 位 / 6,781件
文字数 133,615 最終更新日 2022.07.19 登録日 2022.07.16
6