「俺様はっ!ジフパス王国王太子ヒニキス・ソールズベリーだぞっ!」遊園地で列を並ばない夫を5歳の息子が正論で諭したら夫が逆切れしました

 「俺様はっ!ジフパス王国王太子ヒニキス・ソールズベリーだぞっ!
こんなちんけな遊園地の列に並んでなどいられるかっ!
俺様達を今すぐジェットコースターに乗らせろっ!」
 「すいませんねぇ、俺にそんな権限ないんすよ」
 「なんだとっ!俺様が言っているんだ。今すぐ俺様達をジェットコースターに乗せろっ!」
 「お父様、お父様はなんでそんなに偉そうなのお父様って偉いの」
 「なんだとっ!俺様は偉いんだっ!ジフパス王国王太子だぞ俺はっ!」
 「でもお父様が王太子なのはソールズベリー王家嫡子として産まれたからってだけだろ。
それって自慢できる事なのか。
お父様ってそれしか自慢できる事ないのかよ。
ああ、ないのか(笑)」
 「ふざけるなっ!誰に向かって生意気言ってるんだっ!」
 「本当の事をこんな幼い息子さんに言われたからって逆切れっすかぁ(笑)」
 周囲の女性を発情させている声も容姿もイケメン店員が夫を殴って止めました。
声と容姿だけでなく行動までイケメンで女性を発情させるイケメン店員だったようです。
 「お姉様ぁ。お姉様の夫のザイン様を下さい」
 「なんで私が遊園地の列に並ばなきゃいけないのぉ~。
私は可愛いんだからぁ~列になんて並ばなくていいわ~」
 「そうだっ!メレナは可愛いっ!可愛いんだから列になど並ぶ必要はないっ!」
 「俺様も偉いのだから列になど並ぶ必要はないっ!」
 「俺様は真実の愛に目覚めたんだ」
 「お前の妹のメレナを愛している事に気づいてしまった」
 「俺様達のように賢い男女が夫婦になれば列になど並ばなくていいという事に気づいているのだから、
列になど並ばなくていいっ!」
 「そうっすかぁ。それはかってですがね。
お客さんもジフパス王国王太子様なのでしょう。
こんな醜態さらしたのだから、この場にいる人たちにも家族にも謝罪したらどうすっかね」
 「なんだとっ!ただの遊園地の店員が俺様に対して何を言うかっ!
俺様は謝罪なぞせんっ!」
 「そうよ~。
 「そうっすか。どうしても謝罪しないっつうんすね」
 「やれやれだぜ。ここまで忠告して聞かないんなら仕方ないっすね。
落とし前つけてもらいましょうか」
 「いえ、今更俺様が悪かったっ!。すまなかった助けてくれっ!と言われましても、
私は声も容姿も行動も女性を発情させるイケメン公爵に愛されているので、
貴方の事なんてもういりませんし助ける必要もありません。
今更もう遅いっ!
自業自得じゃないですか。助けませんよ」
24hポイント 0pt
小説 111,156 位 / 111,156件 ファンタジー 28,937 位 / 28,937件