逆ハーに巻き込まれた幼馴染を助けるために、群がるハエは一匹残らず駆逐します!

 魔法学園へ入学したルーカスが目にしたのは、貴族と平民の激しい格差──そして学園を牛耳るエリート集団が、密かに思いを寄せる年上幼馴染ティアナの周りに群がっている異様な光景だった。

 厄介なエリート集団に振り回され、貴族令嬢達から嫌がらせを受けているティアナからは、本当の笑顔が失われていた。その事実を目の当たりにしたルーカスはある決意する。

「お貴族様の身勝手な都合に、俺の大事な幼馴染を巻き込むな!」

 たとえこの思いが報われなくとも、俺はティアナの笑顔を取り戻したい。そのために、まずは群がるエリートを1匹ずつ駆逐しよう。うん、それがいい──と。

 そうしたら、何故か貴族達の問題に色々巻き込まれて……?!


*このお話は、魔法学園を牛耳るエリート集団にとある理由で気に入られてしまい、貴族令嬢達に嫌がらせを受けている幼馴染を助けるべく、持ち前のチート魔法(創造魔法)を使って群がるエリートを1匹ずつ駆逐しようとした主人公が、お貴族様達の抱える問題に巻き込まれながら解決していく物語です。

※この作品は「小説家になろう」にも掲載しています。

タイトルが迷走中です。
24h.ポイント 7pt
0
小説 35,521 位 / 183,624件 ファンタジー 5,604 位 / 42,150件

処理中です...