最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか

第二王子カイルの婚約者、公爵令嬢スカーレットは舞踏会の最中突然婚約破棄を言い渡される。
王子が溺愛する見知らぬ男爵令嬢テレネッツァに嫌がらせをしたと言いがかりを付けられた上、
大勢の取り巻きに糾弾され、すべての罪を被れとまで言われた彼女は、ついに我慢することをやめた。

「この場を去る前に、最後に一つだけお願いしてもよろしいでしょうか」

乱れ飛ぶ罵声、弾け飛ぶイケメン──
手のひらはドリルのように回転し、舞踏会は血に染まった。
24hポイント 2,634pt
小説 689 位 / 148,841件 恋愛 328 位 / 46,929件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。