幼馴染が学園を牛耳るエリート集団に囲まれて困っている

 同郷の年上幼馴染み、ダリウスとティアナを追いかけて、俺は王都の魔法学園へ入学した。そこで目の当たりにしたのは、貴族と平民の激しい格差だった。
 そんな学園内で、非常に大変な事態が起きていた。学園を牛耳るエリート集団、第一王子ハイネルや上流貴族の令息達が、俺が密かに思いを寄せる幼馴染ティアナの周りに群がっていたのだ。
 エリート集団に囲まれたティアナは、困ったように愛想笑いを浮かべている。そして視界の端に入る、公爵令嬢のアリーシャに付き従うダリウスの姿を切なそうに眺めていた。
 アリーシャは第一王子ハイネルの婚約者で、ティアナに言い寄るハイネルの姿を遠目に見ては、悲しそうに目を伏せる。
 そんなアリーシャを気遣うダリウスの瞳には、隠しきれない熱がこもっていた。

 ティアナ→ダリウス→アリーシャ→ハイネル→ティアナ

 見事に出来上がった四角関係の周囲を、上流貴族の令息ABCが囲んでいる。
 ダリウスだけでも厄介だったのに、俺に勝ち目はあるのだろうか?

 いいや、そんな事はどうでもいい。
 俺にとって今大問題なのは、厄介なエリート集団に振り回され、貴族令嬢達から嫌がらせを受けるティアナから、本当の笑顔が失われていた事だ。

「お貴族様の身勝手な都合に、俺の大事な幼馴染を巻き込むな!」

 たとえこの思いが報われなくとも、俺はティアナの笑顔を取り戻したい。
 そのために、まずは群がるエリートを1匹ずつ駆逐しよう。うん、それがいい。


このお話は、魔法学園を牛耳るエリート集団(王子や上級貴族)にとある理由で気に入られてしまい、貴族令嬢達に嫌がらせを受けている幼馴染を助けるべく、持ち前のチート魔法(創造魔法)を使って群がるエリートを1匹ずつ駆逐しようとした主人公が、お貴族様達の抱える問題に巻き込まれながら解決していく物語です。


※この小説は「小説家になろう」でも掲載中です。
24hポイント 0pt
小説 87,016 位 / 87,016件 ファンタジー 24,880 位 / 24,880件