ネクロマンサーは死者と舞う〜最弱なはずのネクロマンサーを追放した勇者たちは、自分達が何度も蘇生してもらっていたことをまだ知らない〜

「この先の戦いにお前は必要ない」

そう言われて勇者パーティのメンバーから外されたネクロマンサーのレイル。
確かに彼は戦闘では全く役に立たない上に、肝心の蘇生魔法も誰も死なないから使われる事はなかった……はずだった。

でも実際はレイル以外は全員戦闘で何度も死んでいて、その度に直前の記憶を失う代償付きでレイルに蘇生をしてもらっていたおかげでここまでこれていたのだ。
さらに必ず最後まで生き延び、彼らが倒しきれなかった敵を処理していたのはレイルだった。
それを知らなかった勇者達はすぐに彼の存在の大きさを知ることになる。

一方のレイルはと言うと、もう彼らの面倒を見る必要がないと言うことで久しぶりに故郷に帰ることになるのだが……

※タイトル仮変更しました
24hポイント 695pt
小説 1,678 位 / 79,750件 ファンタジー 425 位 / 22,955件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ダンジョンだらけの異世界に転生したけど僕の恩恵が最難関ダンジョンだった件

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:5601pt お気に入り:2140

転生先は盲目幼女でした ~前世の記憶と魔法を頼りに生き延びます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:82448pt お気に入り:8339

異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:35521pt お気に入り:27413

想起の地の記憶

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:142pt お気に入り:0