退魔師ですが、家庭の事情で男の娘しています

文明の光が人間の生息域を照らす時代、魔物の存在はもう無くなったと思われる時代、其れでも、人知れず退魔の仕事は存在して居た。
それはそうと自分は家庭の事情で男の娘をしていた。
外から見れば百合だけど、当人はノーマル、概念的にはオネショタ、男が主人公をナンパするとホモが出ると言う謎状態。
こんな格好ですけど、男に興味は有りません!
24hポイント 14pt
小説 17,740 位 / 80,704件 ファンタジー 3,778 位 / 23,196件