歴史・時代 南北朝時代小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 南北朝時代×
1
忍びとは、魍魎が如き、非ず人の畜生なり――  二朝が並び立つ時代。九州は北都帝と足利将軍を奉ずる探題方と、南都帝奉ずる宮方とで二分され、激しい対立の最中にあった。だが、時は宮方有利に運び、存亡の危機に立った探題方は、筑後国の忍び〔名人〕と渾名される柏原三無に起死回生の一策を託す。無息・無音・無臭という、完全に氣を消滅する術を駆使し、三無は闇を駆ける! エブリスタジャンル応援キャンペーン 歴史・時代「生きる」 準大賞
24hポイント 0pt
小説 125,025 位 / 125,025件 歴史・時代 1,429 位 / 1,429件
文字数 22,295 最終更新日 2021.06.17 登録日 2021.06.08
1