キャラ文芸 日常の謎小説一覧

カテゴリ キャラ文芸
タグ 日常の謎×
8
  異国情緒の漂う池袋R大学にて、今日もシャーロキアン達は語り合う―― 【シャーロキアンとは】 一八八七年、出版代理人アーサー・コナン・ドイル氏の薦めにより、伝記作家ジョン・H・ワトソン氏の執筆した推理小説『緋色の研究』が発表された。世界でたったひとりの「顧問探偵」が導く冒険活劇を描いたそれら作品群は、後に英国の月刊小説誌「ストランド・マガジン」にて好評を博し、今なお世界中の読者に愛されている――  そんな読者の中には、ワトソン氏の作品を「正典(canon。コナン氏のアナグラム)」と称して愛読し、名探偵の推理を検証したり、記述の矛盾に合理的解釈をつけたりと楽しむ方達がいた。  彼らのような愛読者・研究者・熱狂的ファンを、世間では『シャーロキアン』と呼ぶそうだ――
24hポイント 63pt
小説 10,187 位 / 102,110件 キャラ文芸 108 位 / 2,618件
文字数 21,331 最終更新日 2018.12.03 登録日 2017.11.30
2
キャラ文芸 連載中 ショートショート
(他の新人賞で受賞したため更新停止します)  日常の謎、ライトミステリー。  主人公は、彼氏に突如ブロックされ、傷心状態の女子大学生。初めての海外旅行に出た、タイのバンコクで、イギリスクォーターのミステリアスなイケメンと出会う。  彼は、恐ろしく鋭い観察眼と、的確な判断力を持つ「ユネスコの旅謎調査人」だった。  ちょっと意地悪な彼の元で、主人公は日本人旅行者のための仕事を手伝うことになる。  旅と、人の気持ちを教わった女子学生は、成長し、フランスのパリにて、自分をブロックした男に向き合う。  夢のように美しい世界の観光都市で、イケメンと普通女子が解き明かす人の心。  それはマインドフルネスな、ヒューマンストーリーでもある。
24hポイント 0pt
小説 102,110 位 / 102,110件 キャラ文芸 2,618 位 / 2,618件
文字数 16,931 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.12.25
目が覚めると、台所にイケメンが立っていた――。 ある日、探偵見習いの真幌は、自宅に忍びこんでいた晩ご飯泥棒を自称するイケメン、疑明と出くわしてしまう。 「俺は晩ご飯をいただいたお返しに、その家にある問題を一つ解決しているんだ」 それが晩ご飯泥棒のポリシーらしい。 わけがわからず謎に包まれた彼だが、その推理力だけは確かで――。 真幌は疑明と共に日常の謎に挑んでいくことになる。
24hポイント 0pt
小説 102,110 位 / 102,110件 キャラ文芸 2,618 位 / 2,618件
文字数 130,474 最終更新日 2020.12.13 登録日 2020.12.12
高校生の猫村太一には秘密があった。彼は健全な学校裏サイト「キャット先輩の青春お悩み相談室」の管理人で、生徒から届いた青春にまつわる悩みを解決する相談員をしている――正体を隠すため、猫のお面を被り、架空の相談員「キャット先輩」になりきって。 二年に進級した猫村は姫宮小夜という名の少女に出会う。彼女は教室で自己紹介をしたときにこう言った――「青春真っ只中のクソ野郎どもに質問があります。どなたか青春のよさを私に教えてください」と。彼女は友情や恋愛など、青春の良さがわからないという変わり者だった。 ある日、姫宮はキャット先輩の正体が猫村であることを突き止め、全校生徒に正体をばらされたくなければ、自分をキャット先輩の助手にしろと脅す。姫宮の思惑を知った猫村は断固として拒否する。なぜならば、彼には「絶対に青春してはいけない理由」があり、それは姫宮の目的と相反するものだったからだ。しかし、猫村は姫宮の脅しに屈してしまい、二人で生徒の悩みを解く日々を送ることに……!? 思春期のほろ苦い青春を切り取った青春ミステリー。連作短編です。 ――ストーリー(連作短編) 【第一章】『殺人未遂ノート』 【第二章】『痕跡本に想いを』 【第三章】『原稿シンクロニシティ』 【第四章】『負け猫に祝福を、姫に青春の日々を』
24hポイント 0pt
小説 102,110 位 / 102,110件 キャラ文芸 2,618 位 / 2,618件
文字数 101,303 最終更新日 2020.12.15 登録日 2020.12.09
ちょっと変わった探偵・五反田と、助手の鈴蘭があの手この手で依頼人の事件を解決していく、日常の謎ミステリ。
24hポイント 0pt
小説 102,110 位 / 102,110件 キャラ文芸 2,618 位 / 2,618件
文字数 49,153 最終更新日 2019.12.22 登録日 2019.12.22
 地元の本屋さん、久万河書店でアルバイトをはじめた栞里は、晴れて女子大生の肩書を持つことを許された大学一年生。大好きな本に囲まれる仕事だけれど、どうやら“本”が集まる場所には“謎”が生まれることがあるようで……?   同じ本を二度購入しようとする女性。  立て続けに起きる女子高生の返品。  置き忘れ去られた傘に行方不明の婚約者。  事実は小説より奇なりの謎ばかりでさっぱりの栞里。だけど大丈夫。なんていったって、〈さすが〉なこの人がついている!  無口で無表情、何を考えているかわからない。――けれど、魔法使いみたいに謎を解く。そんなふしぎでさすがな「さすがさん」こと貴家颯太郎と並木栞里。書店で働くふたりの〈日常の謎〉シリーズ春の弾。
24hポイント 0pt
小説 102,110 位 / 102,110件 キャラ文芸 2,618 位 / 2,618件
文字数 107,858 最終更新日 2017.11.30 登録日 2017.11.29
”俺”こと米丸有親と小夜乃は、ミステリ小説を愛好する実の兄妹。 だが有親はいつしか、小夜乃に対して恋愛感情を抱いてしまっていた。 懊悩する有親だったが、そんな折、小夜乃からとある相談をもちかけられる。 ”どうやら妹は俺に、一種の安楽椅子探偵の役割を求めているようである。”” こうして兄妹の、ささやかな探偵譚が幕をあける…… 禁断の感情に悩む兄妹が、身近な謎に挑む日常ミステリです。 推理を通じて様々な人間の機微にふれ、自分達の関係への考えを深めていく正統派ビルドゥングス・ロマンを目指しています。 本作には近親間の恋愛描写がふくまれますので、苦手な方はご注意ください(直接的な肉体関係の描写はありません)。 ※本作は、小説家になろう様において『くれぐれも誤解のないようにー米丸兄妹シリーズ①ー』『番長はどこへ消えた?ー米丸兄妹シリーズ②ー』のタイトルで別々に発表している作品たちを1作にまとめたものです。以下、続編も構想中。
24hポイント 0pt
小説 102,110 位 / 102,110件 キャラ文芸 2,618 位 / 2,618件
文字数 104,869 最終更新日 2021.01.10 登録日 2020.12.21
プラネタリウムを舞台にしたライトミステリー。謎解きは仮の星空、プラネタリウムで! ――ここはとある科学博物館。その片隅には不思議な箱がひとつ。なんでも質問や疑問をそこに投函すると、夜な夜な調査して解決してくれる人物がいるという。彼の名前は星空探偵―― 「ああもう、質問多すぎ!俺はただのプラネタリアンだって!余計な仕事増やすなっつーの!」 ①『私の名前(仮)はなんでしょう』質問箱に届いた暗号の謎 ②『プラネタリウムは密室(仮)ですか?』投影中のプラネタリウムから人が消えた謎
24hポイント 0pt
小説 102,110 位 / 102,110件 キャラ文芸 2,618 位 / 2,618件
文字数 36,324 最終更新日 2020.01.13 登録日 2019.12.20
8