BL 忠誠心小説一覧

カテゴリ BL
タグ 忠誠心×
3
1
BL 連載中 長編 R18
僕は僕が嫌いだ。公爵家に生まれた三男。長男のように期待される必要もなく、次男のように長男にもしものときがあった場合の代わりとしてもいらない。ただ貴族として恥ずべき行いさえしなければいいと何故生まれたのかすらわからない存在だ。 みんなみんな僕に冷たい。無視こそされないが一番の優先は父で、次に兄で、最後に次男である兄。母はいない。僕が生まれたその日に亡くなった。 公爵家の女神と言われていた母は僕のせいで亡くなったと、だからみんな僕に冷たいのだといつしか次男である兄に聞いた。僕は嫌われて当然の存在なのだ。 それでも僕は誰かに僕だけを見てくれる人がほしかったのだろう。きっとこんなの怒られるかもしれないが、父たちが普段バカにするスラム街へ入りそこで見つけた同じ年くらいの倒れたひとりの子供を僕は拾った。もしこの子が親のいない子だったなら、父たちが嫌うスラムの子であるこの子ならば僕だけのものにしていいかなと安直な考えで。 結果お前にはお似合いだと初めて僕専属の従者ができ、喜んだが目を覚ましたこのスラムの子は不思議な子だった。 「あ、起きた?」 「………エンド様?」 え?なんで三男の僕の名前をスラムの子が知ってるの? BL小説大賞用作品第二段。『兄を悪役にさせないために全力を出した結果~ヤンデレブラコン化は悪役よりマシですか?~』が第一段となります。 優先は第一段ですが、もちろんこちらもがんばります。どちらかでも応援いただけたらと思います。 やばい、こちらもヤンデレ被り始めましたのでタグにヤンデレとしときます。
24hポイント 63pt
小説 14,760 位 / 140,524件 BL 3,053 位 / 15,886件
文字数 42,773 最終更新日 2020.04.20 登録日 2019.10.30
2
BL 連載中 長編 R18
身代わりで懲役刑を終えて出所したヤクザの男――朝比奈は、所属していた組に捨てられ、街の片隅でひっそりと生きていた。 底辺を這いつくばって生きるしかないと思っていた時に、美しい青年、葵に出会う。 葵の笑顔に魅了された朝比奈は、辛い日々でもその笑顔を思い出して生きていた。 そんな時に朝比奈は勘違いから刃物で刺されてしまう。意識が遠のく朝比奈の前に葵が再び姿を現し、「助けてやるから自分の番犬になれ」と告げるのだった。
24hポイント 14pt
小説 29,479 位 / 140,524件 BL 6,002 位 / 15,886件
文字数 53,380 最終更新日 2021.11.27 登録日 2021.10.30
3
BL 連載中 長編 R18
鳳仆翼殺忍峠(ほうほくよくさつにんとうげ) 内容 忍法エロバトル(全員美形!!) ・・北城・・ 《若君》北上 翼之進 ほくじょう よくのしん 幼い頃に母を亡くし、小さい頃から共に歩んできた護忍衆はかけがえのない友や家族のようなもの。 父親の北上紀之介は北城の城主でもあり、参・婆左羅の一人でもあった。 天鵞絨の軍勢に攻め入られ、同盟国の元へ逃げなければならない。 =北上護忍衆=ほくじょうごにんしゅう 左楼丸 さろうまる 若君の世話係。気性が穏やか。 長髪を後ろで結いている。動きやすい軽装。一番忍っぽい。 頂沙羅 うなしゃら 茶髪長髪の先を結えている。参・婆佐羅の一人。着物の上に甲冑、手甲というシンプルな出で立ち。クール。強い。反りの無い直刀を使う。 九朗  くろう やんちゃ。一番年下。勝気。小柄。うなじで結いている長髪黒髪。黒の忍らしい格好。 傾世 椿ノ助 けいせい つばきのすけ 派手な彩り鮮やかな武者姿。明るい。強気。ポニーテールのように後頭部で長い髪を縛った髪型。得物は刀。銘を「虎向」こなた。 渼久邇 びくに 美女のような外見に赤茶けた長い髪。人を思うがまま淫靡な気分にさせるフェロモン体質。特に武具をつけていない崩した着物姿。外見が類稀な美女に見えるため、くのいちのような閨房謀り仕事をさせられている。 ・・天鵞絨城・・  びろうど城 天鵞絨 洸鵞 様  びろうど こうが さま 若君を奪うため北城の殿紀之介を卑劣な罠に招いて殺す。翼之進を自分の奥御殿に加えたいが、大の拷問好きのため、そこは死より辛い場所と呼ばれている……。 =天鵞絨虙蛮衆=びろうどひばんしゅう 几 鳥近郎 おしまずき うこんろう 洸鵞さまに忠誠的な側近。 家老のようなポジションであり、ひばん衆の中では規律的な性格。 悪僧・明日   あくそう みょうじつ 虚無僧姿の腐れ坊主。身の丈大きい。巨根。 畿内 丕琉子  きない ひるこ 猟奇的な性格。女も容赦なく斬る無慈悲。大太刀を使う。 利兵      りへい 清い性格。ひばん衆(天鵞絨 洸鵞、明日、畿内)の慰み者。刃物使い。椿之助の前では青丸(あおまる)と名乗り、身元を隠して椿之助とプラトニックな相思相愛関係を結んでいた。 藤真 吏衞門  とうま つかさえもん 落ち着いた性格。参・婆左羅の一人。強い。 罪人として濡れ衣処刑されそうになったが、天鵞絨に救われひばん衆の一員として登用された過去がある。黒髪長髪。長巻を使う。
24hポイント 0pt
小説 140,524 位 / 140,524件 BL 15,886 位 / 15,886件
文字数 629 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.07.29
3