不義密通小説一覧

タグ 不義密通×
2
    古典×エロ小説という無謀な試み、久々の復活(笑)  今回は私の大好きな根岸鎮衛(ねぎし やすもり)の随筆「耳嚢」からの翻案です。   下級旗本(町人という説も)から驚異の出世を遂げ、勘定奉行、南町奉行にまで昇り詰めた根岸鎮衛(1737~1815)が30年余にわたって書き記した随筆「耳嚢」  世の中の怪談・奇談から噂話等々、色んな話が掲載されている「耳嚢」にも、けっこう下ネタがあったりします。  その中から第九巻に掲載されている「老婦密通奇談の事」というお話を大胆にも「エロ小説」に翻案してみました。  このお話、町人達とも気さくに話し、江戸中の様々な話題を収集していた鎮衛が、人から聞いた話を書き綴ったもので、鎮衛自身もこの話を一種の「笑い話」として捉えている節があります。  裕福な札差の妻が、丁稚として抱えた貧しい少年を溺愛し、それが昂じて「密通」(不倫)したというもの。  当時、不義密通(不倫)は天下のご法度!密通をした男女ともに「死罪」!さらには夫が妻の密通相手を殺しても罪に問われなかったというスゴい時代だったのですが、「南町奉行」・・・江戸の司法と行政の長、いわば「裁判官」の鎮衛さんが、こんな少年と熟女のデンジャラス過ぎる不倫話をサラリと「笑い話」として紹介している点がとても面白いです。  ・・・・よほどサバけた人柄だったのでしょう(笑)  エロ小説化するに当たり・・・テーマとしては例によって(!)「少年と熟女」となりました!  まあ、いつもの事です(笑)  【登場人物】  ●お照 (三十四歳)  裕福な札差「近江屋」の内儀、慈悲深く優しい◯供好きとして知られている。  ●伊左衛門(三十八歳)  札差「近江屋」の主人。  ●「鶴松」本名 鶴吉(◯◯歳)    早くに母を亡くた子沢山で貧しい町人の倅  近江屋の丁稚となりお照に可愛がられる。  原典 根岸鎮衛:著 「耳嚢」第九巻「老婦密通奇談の事」より翻案。
24hポイント 21pt
小説 21,346 位 / 125,876件 歴史・時代 471 位 / 1,429件
文字数 25,342 最終更新日 2021.05.08 登録日 2021.04.25
 南北朝の動乱期、三度目の結婚で澪は理想の夫を手に入れる。しかも義弟は無垢で可愛い美少年。澪は夫が溺愛する義弟に性の手ほどきをしてやり、夜は夫、昼は義弟を相手に愉しい日々を過ごす。だが澪は男兄弟の間に潜む愛憎と葛藤を知らず・・・ 【注意】悲劇的な結末です。心がぜい弱で深く考えられないメンヘラちゃんは、読まない方がよろしいでしょう。
24hポイント 14pt
小説 24,768 位 / 125,876件 現代文学 282 位 / 6,255件
文字数 12,153 最終更新日 2021.10.01 登録日 2021.09.26
2