魔王軍側小説一覧

タグ 魔王軍側×
2
クラス転移によって異世界に飛ばされてしまった阿久津康太と他19名。 そこで康太はハズレ職業〈ダンジョンメーカー〉を引いてしまう。 クラスの中心人物である〈勇者〉の星屑流星達と違い、戦闘ではなんの役にも立たない康太は、ダンジョン内を生活空間として、クラスメイトに提供していた。 けれど星屑流星との格差は広がる一方。 戦闘組をダンジョン内に置くことで貯まるDPと、クラスメイトから寄せられる要望にDP供給が追いつかず、どんなに言い訳しても立場は悪くなるばかり。 そこで康太は状況のおかしさに気がついた。 能力で格差があろうと、日本で暮らしていた人間がこうも変わるものか? きっと何かトリックがある筈だ。 このままイジメられ続けられたら死んでしまう。 そう思った康太は生きるか死ぬかの籠城戦を始めた。 せめて人間としての最低限の尊厳だけでも勝ち取らんとする為に!
24hポイント 49pt
小説 10,808 位 / 91,450件 ファンタジー 2,184 位 / 25,571件
文字数 73,616 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.19
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
『指定召喚』スキルによって、好みのスキルを持つ異世界人の呼び出しが可能な時代。 おかげで魔王軍に属する無害な者ですら、人間側からの一方的な蹂躙をされるようになっていた。 しかし、ある時を境に異世界人を消して回る存在が現れる。 その者は転移を駆使し、圧倒的な力で冒険者をねじ伏せていく事で転移無法と呼ばれ、恐れられるようになった。 事は、その人物であるリアが勇者パーティーを追い出された時から始まる。 その後リアは魔王の娘と出会い、所持している『転移』スキルの特殊効果を教えられる。 それは異世界人を元の世界に送り返すことで、その人物がこれまでに累積した経験値と所持スキルを獲得できるというものだった。 そこでリアは『転移』と新たに得た『育成』スキルを合わせ、虐げられている各地の魔王軍の者たちを自衛ができるように育てると共に、その原因である異世界人を排除していく事を決める。 ーーこれはリアが自分の心に従い、弱き者たちに力を与えていく事で、ねじまげられた真実を暴いていく物語。
24hポイント 0pt
小説 91,450 位 / 91,450件 ファンタジー 25,571 位 / 25,571件
文字数 120,692 最終更新日 2019.07.25 登録日 2019.07.06
2