僕娘小説一覧

タグ 僕娘×
1
1
恋愛 連載中 ショートショート
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 「フェアリー公爵家令嬢ヴァイオレット。  フェアリー公爵家が没落し、持参金も台所領もないというのなら、もう私の婚約者の資格はない。  このようは恥を王国中にさらしては、もうこの国にいる訳にもいかないだろう。  婚約を破棄して追放刑にしてやるから、直ぐにこの国にから出て行け。  公爵の地位は剥奪しないでおいてやる。  財産も領地もなくても、公爵の位があれば、財産を持った平民が婿に来てくれるかもしれんぞ。  ワッハハハハ!」 「まあ、王太子殿下はなんてお優しいのかしら。  直ぐにお礼を申されてはいかがですか、フェアリー公爵家令嬢ヴァイオレット様」  あまりの怒りに、眼の前が真っ赤になります。  思わず封印している魔力を全部解放しそうになります。  でも、それだけは、絶対にやってはいけません。  先祖返りの魔力を解放してしまったら、この国は焦土と化してしまいます。  守護神の力と戦いになってしまいます。  僕に先祖返りの力を制御できたなら、両親の敵であろうダベルノワ伯爵も、その娘のマリー嬢も絶対に許さなかった。  証拠をつかむ事はできませんでしたが、犯罪者ギルトを使って私の両親を暗殺したのは間違いないのです。  ありもしない借用書を偽造して、フェアリー公爵家の領地も城も財産も、全てを奪ったダベルノワ伯爵を八つ裂きにしてやったのに。 「承りました、アルセーヌ王太子殿下。  直ぐに王宮を辞して国を出ます。  今迄ありがとうございました」 「ふん!  没落しても礼は言えるようだな」 「アルセーヌ王太子殿下。  その言動、あまりに情け知らずですぞ。  フェアリー公爵家当主夫妻の事故には、色々と見過ごせない噂がありました。  その中には、ダベルノワ伯爵が犯罪者ギルドを使って暗殺させたというモノもあれば、偽の証文を作って城地を奪ったというモノもあります。  そのような家の令嬢に腕をかし、ヴァイオレット嬢に婚約破棄追放を言い渡すなど、守護神様の加護を失う大事でございますぞ!  守護神様を怒らせて滅んだタートン王家の事、今も栄えるアリスランド王家の事、見る事も聞く事もできないのですか!」  バスティアン伯爵ルイス卿が僕を庇ってくれます。  噂通りの正義の人です。  長女のソニア嬢が守護神様の聖女候補になっています。  でも、マリー嬢も同じ聖女候補なのです。  それだけでも、この国が滅びの道を歩んでいるのが分かります。  守護神殿が腐敗していて、裏金で聖女候補の位を買えるのです。
24hポイント 56pt
小説 9,112 位 / 80,252件 恋愛 3,939 位 / 21,379件
文字数 7,211 最終更新日 2020.06.25 登録日 2020.06.20
1