悪霊退散小説一覧

タグ 悪霊退散×
2
 伊賀俊二は、100歳「センテリアン」び小説家の構想を小説に、まとめる仕事を与えられた。その百歳の倉木先生は、偏屈な頑固者で、彼の走り書きの文章をまとめるのは、大変。そこで住み込みで倉木の家に入り生活を共にした。ところが、先生は、冬の朝の散歩で脳溢血で亡くなった。その後、伊賀が、1年かけて小説に仕立てた。先生の遺言で小説の印税と先生の目黒の家をもらった。しかし、その後、伊賀は、悪夢に、うなされ体調を崩した。ある日、ついにたまらず、出版社を退職。悪夢から逃れるため、多くの事をするが・・・。小説家になろう、重複投稿しています。
24hポイント 99pt
小説 7,829 位 / 91,365件 現代文学 114 位 / 4,086件
文字数 94,644 最終更新日 2020.12.24 登録日 2020.11.27
両親の離婚後、別居している母親の入院に伴い、彼女が開いている駄菓子屋の代行を務める事になった千尋。就活中の身を嘆きつつ、ささやかな親孝行のつもりで始めた店の一番の常連は、何故か得体が知れない黒猫だった。小説家になろう、カクヨムからの転載作品です。
24hポイント 0pt
小説 91,365 位 / 91,365件 キャラ文芸 2,721 位 / 2,721件
文字数 49,717 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.11.30
2