溺愛ヒーロー小説一覧

タグ 溺愛ヒーロー×
3
1
恋愛 完結 短編 R15
斜陽貴族もいい所なメイプル伯爵家の令嬢・キャロルは、貧乏故にずっと男装で生きてきた。 姿も立居振る舞いも兄の真似をしていたので、社交界では令息と誤解されている。いちいち事情を説明するのも面倒なので、誤解は止まる事を知らないまま、18歳になっていた。 そんな彼女にお見合いの申し入れがあった。家の借金を肩代わりして持参金も要らない、結納金はたっぷり出すという条件付き。 何か裏がある、と思いながらも服が無いのでいつもの男装姿でお見合いに向かったキャロルのお相手は、巷で噂の宰相閣下、『完璧な貴族』の二つ名を持つコンラッド・アダム公爵で……?! 「そっちの趣味がおありですか?」 と、うっかり聞いてしまったキャロルに対する、コンラッドからの偏愛が始まってしまう、結婚から始まるラブストーリー。 ※途中にざまぁ要素あります。 ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で連載予定です。
24hポイント 1,350pt
小説 1,109 位 / 96,721件 恋愛 596 位 / 26,737件
文字数 34,763 最終更新日 2021.01.15 登録日 2021.01.05
2
恋愛 完結 短編 R15
ミュゼル伯爵は愛していた前妻を早くに亡くし、3歳の娘シェリルと共にのこされた。1年後に年若いリナリア・ドーヘン男爵令嬢と再婚した。男児をもうけるためだ。 シェリルは継母から「あなたは本当に可愛くないわね」と毎日言われ、伯爵には実母そっくりの娘を見たくない、と避けられた。 継母は「可愛くないのですから」と伯爵に取り合ってシェリルを17歳までに立派な淑女にした。自分は可愛くないのだから、と嫌と言う程心に刻み込まれたシェリルは、初めてのパーティーの日に継母に言われる。 「今日だけ魔法をかけてあげる。その代わり、必ず嫁ぎ先を見つけてきなさい」 そう言って継母に支度され、パーティーに出たシェリルに待っていたのは、いきなりのプロポーズだった。 ※ざまぁはありません。(誤解を招く書き方だったので変更しました) ※小説家になろう様でも別名義にて連載しています。
24hポイント 504pt
小説 2,400 位 / 96,721件 恋愛 1,199 位 / 26,737件
文字数 37,865 最終更新日 2020.11.13 登録日 2020.11.06
3
恋愛 完結 短編 R15
小さい頃から山猿姫と呼ばれて、領民の子供たちと野山を駆け回り木登りと釣りをしていた、リナ・イーリス子爵令嬢。 成人して社交界にも出たし、今では無闇に外を走り回ったりしないのだが、元来の運動神経のよさを持て余して発揮しまった結果、王都でも山猿姫の名前で通るようになってしまった。 もうこのまま、お父様が苦労してもってくるお見合いで結婚するしか無いと思っていたが、ひょんな事から、木の上から落ちてしまった私を受け止めた公爵様に婚約を申し込まれてしまう。 しかも、公爵様は「私の天使」と私のことを呼んで非常に、それはもう大層に、大袈裟なほどに、大事にしてくれて……、一体なぜ?! 両親は喜んで私を売りわ……婚約させ、領地の屋敷から王都の屋敷に一人移り住み、公爵様との交流を深めていく。 一体、この人はなんで私を「私の天使」などと呼ぶのだろう? 私の中の疑問と不安は、日々大きくなっていく。 ずっと過去を忘れなかった公爵様と、山猿姫と呼ばれた子爵令嬢の幸せ婚約物語。 ※小説家になろう様でも別名義にて連載しています。
24hポイント 305pt
小説 3,671 位 / 96,721件 恋愛 1,695 位 / 26,737件
文字数 34,041 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.11.24
3