宅飲み小説一覧

2
ある冬の日の夜、バイト帰りの彼女が家に来た。初めての飲酒に付き合ってほしい、という彼女と二人で酒を飲む。 大人になれば酒が飲めるようになる。酒が飲めるから、「大人」なんだろうか? 「カクヨムWeb小説短編賞2023」創作フェス1回目お題「スタート」で書いた短編です。 カクヨム、小説家になろうでも掲載しています。 2024/01/26追記:大幅な修正を行いました。話の流れに変更はありません。
24h.ポイント 0pt
小説 185,087 位 / 185,087件 現代文学 7,913 位 / 7,913件
文字数 2,980 最終更新日 2024.01.25 登録日 2024.01.25
主人公の宵宮環《よいみやたまき》は都会で暮らす小説家。 そんな彼女のマンションに、就職のために上京してきた妹の宵宮いのりが転がり込んできた。 いのりは言う。 「ねえ、お姉ちゃん。わたし、二十歳になったんだ。だからお酒のこと、たくさん教えて欲しいな」 これは姉妹の柔らかな日常と、彼女たちを取り巻く温かな人々との交流の日々を描いたお酒とグルメの物語。
24h.ポイント 0pt
小説 185,087 位 / 185,087件 大衆娯楽 5,561 位 / 5,561件
文字数 84,279 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.06.30
2