大田シンヤ

大田シンヤ

どうも!この度、アルファポリスで投稿を始めました。
1
ある日、竜殺しは少女に出会った。自分とは違う何処までも純粋な色をした白い髪が風に靡いている。絹のような肌に何処かの王族と言われてもしっくりくるような整った顔立ちをしているが、纏っている服装は街で働いている平民ならば誰でも買うことができるものだ。服が容姿に負けている感が拭えないが、少女は気にした様子はない。 そんな少女が竜殺しに対して指を指し、宣言する。 「貴方、私と一緒に国盗りをしなさい」 「いや、何でだよ」
24hポイント 256pt
小説 3,583 位 / 84,367件 ファンタジー 955 位 / 24,499件
文字数 273,013 最終更新日 2020.10.20 登録日 2020.07.30
1