竜殺し、国盗りをしろと言われる

ある日、竜殺しは少女に出会った。自分とは違う何処までも純粋な色をした白い髪が風に靡いている。絹のような肌に何処かの王族と言われてもしっくりくるような整った顔立ちをしているが、纏っている服装は街で働いている平民ならば誰でも買うことができるものだ。服が容姿に負けている感が拭えないが、少女は気にした様子はない。
そんな少女が竜殺しに対して指を指し、宣言する。

「貴方、私と一緒に国盗りをしなさい」
「いや、何でだよ」
24hポイント 7pt
小説 18,523 位 / 85,213件 ファンタジー 4,333 位 / 24,617件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

拾ったものは大切にしましょう〜子狼に気に入られた男の転移物語〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:86033pt お気に入り:10868

婚約破棄ですか。お好きにどうぞ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:113920pt お気に入り:5019

異世界に召喚されたけど間違いだからって棄てられました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3595pt お気に入り:2416

炎龍と月隠の女王 ~紅炎国成立秘録~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:17

私の可愛い悪役令嬢様

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:13043pt お気に入り:4096