桐坂数也

桐坂数也

驚きを心に、不思議を胸に、わくわくを握り拳に、お届けします。 SFときどきファンタジー、ところによりショートショート。
8
青春 完結 短編 R15
真夏にうろうろ人里に降りて来て、うっかり行き倒れた雪女。そんなのポンコツに決まってる。かかわらないのが吉。やめろ、ぼくに助けを求めるな。 でも結局見捨てられず、捨て猫を拾うように連れてきた雪女・碧子に、ぼくは思わぬ記憶の封印を解かれる。 ちょっと奇妙な、真夏のできごと。 日常ほのぼの恋愛系・不思議ちゃん・トラウマ・フラッシュバック 「小説家になろう」でも連載中です。
24hポイント 0pt
小説 23,299 位 / 23,299件 青春 1,676 位 / 1,676件
文字数 39,601 最終更新日 2017.09.24 登録日 2017.09.23
「わたしをひらいて世界を救って下さい」 少女サキのやっかいごとにいきなり巻き込まれたぼく。異世界のすご腕剣士にぼくまで命を狙われるはめに。なんで? 「それは遼太さん、あなたが鍵の乙女をひらく『開錠の者』だからです」 そんなこと言われても、平凡な大学生のぼくにどうしろと? でもひとり健気に立ち向かうサキをほっておけなくて、ぼくらは助け合い、かばい合い、一緒に逃げて、そして闘う。世界のエレメントを取り戻すために。 なんの取り柄もないぼくが世界を救う方法はただひとつ。火の鍵の乙女サキをひらくこと。そのためには……自分に惚れさせること? 誰だそんなギャルゲーみたいな設定作ったやつは?  世界の命運をかけた恋の駆け引き、ここにはじまる。 鍵の乙女は全部で6人。ぼくはすべての乙女をひらけるのか? かわいい女の子とラブラブになれるのか? それは嬉しいんだけど、いいことばかりじゃないみたい。 鍵の乙女をひらくごとに、ぼくは自分の何かを失う。五感、記憶、感情……。それでもぼくは、鍵の乙女をひらくのか? 世界と、少女たちを救うことができるのか?  「小説家になろう」でも連載中です。
24hポイント 0pt
小説 23,299 位 / 23,299件 ファンタジー 8,719 位 / 8,719件
文字数 203,533 最終更新日 2017.09.02 登録日 2017.03.29
エリートコースから外れたっぽい外科医、山名俊哉は異世界に召喚され、仕方なく人生をやり直さんものと手に取ったメスはまさかの拒否権発動。自分探しの出だしから失敗した彼が、この世界で与えられた役割とは?俊哉は自分らしさを見つけることができるのか。
24hポイント 0pt
小説 23,299 位 / 23,299件 ファンタジー 8,719 位 / 8,719件
文字数 61,710 最終更新日 2017.03.03 登録日 2016.09.16
SF 連載中 長編
高次元体を内に住まわせる、異能の持ち主たち。高校入学初日に四人は出会った。そこから始まる不思議時々バトル、所により一時ボケな高校生活は、四人の思惑を越えて回りに影響を与え始める。
24hポイント 0pt
小説 23,299 位 / 23,299件 SF 876 位 / 876件
文字数 35,163 最終更新日 2017.01.16 登録日 2017.01.09
邪教の集団が千年の眠りから甦らせた邪神。少年ソウタが出会った邪神さまは…ただの少女?本当に邪神さま? だが少女は確かに異能の持ち主で、人々の心にさざ波を広げてゆく。 少女はソウタと一緒に泣いて笑って、そして……。 あまりファンタジーっぽくない、ほっこりまったり中編です。
24hポイント 0pt
小説 23,299 位 / 23,299件 ファンタジー 8,719 位 / 8,719件
文字数 33,322 最終更新日 2016.12.17 登録日 2016.11.27
この世にあり得ない昭和65年の十円玉。それが鍵となって志朗は異世界に迷い込んでしまう。 モンスターが跋扈し、剣と魔法がまかり通る世界。そこで出会ったふたりの美少女、ユーリとニーナはここが別の日本だと言う。そして志朗は自分の世界で、ユーリそっくりの少女を知っていた。 ふたつの日本を行ったり来たり。やがて世界は少しずつ変わり始める。
24hポイント 0pt
小説 23,299 位 / 23,299件 ファンタジー 8,719 位 / 8,719件
文字数 30,000 最終更新日 2016.11.15 登録日 2016.10.09
SF 完結 短編
巨大隕石が地球に衝突する。助かる術はない。 そのとき人々は、最後に何をするだろう。
24hポイント 0pt
小説 23,299 位 / 23,299件 SF 876 位 / 876件
文字数 980 最終更新日 2016.09.11 登録日 2016.09.11
とある街角にある電話ボックス、その中にある公衆電話。もう使う人もいない電話機はしかし、覚えていた。彼を通った全ての声を。 久しぶりに受話器を手に取った女性がいた。だが彼女はどこにもかける様子がない。やがて、どこにも繋がっていない電話に向かって、彼女は話し始める。その声に彼は覚えがあった。
24hポイント 0pt
小説 23,299 位 / 23,299件 ファンタジー 8,719 位 / 8,719件
文字数 1,655 最終更新日 2016.09.04 登録日 2016.09.04
8