カタナヅキ

カタナヅキ

9
ファンタジー 連載中 長編 R15
現実世界で普通の高校生として過ごしていた「白崎レナ」は謎の空間の亀裂に飲み込まれ、狭間の世界と呼ばれる空間に移動していた。彼はそこで世界の「管理者」と名乗る女性と出会い、彼女と何時でも交信できる能力を授かり、異世界に転生される。 次に彼が意識を取り戻した時には見知らぬ女性と男性が激しく口論しており、会話の内容から自分達から誕生した赤子は呪われた子供であり、王位を継ぐ権利はないと男性が怒鳴り散らしている事を知る。そして子供というのが自分自身である事にレナは気付き、彼は母親と供に追い出された。 時は流れ、成長したレナは自分がこの世界では不遇職として扱われている「支援魔術師」と「錬金術師」の職業を習得している事が判明し、更に彼は一般的には扱われていないスキルばかり習得してしまう。多くの人間から見下され、実の姉弟からも馬鹿にされてしまうが、彼は決して挫けずに自分の能力を信じて生き抜く―― ――後にレナは自分の得た職業とスキルの真の力を「世界の管理者」を名乗る女性のアイリスに伝えられ、自分を見下していた人間から逆に見上げられる立場になる事を彼は知らない。 ※書籍化決定しました!!11月下旬に発売予定です!!また、書籍版は主人公の名前を「レナ」から「レイト」に変更しています(旧題:不遇職に役立たずスキルと馬鹿にされましたが、実際はそれほど悪くはありません)。 ※書籍化に伴い、一部の話を取り下げました。また、近い内に大幅な取り下げが行われます。
24hポイント 31,823pt
小説 44 位 / 36,133件 ファンタジー 23 位 / 13,152件
文字数 674,159 最終更新日 2018.11.15 登録日 2018.06.08
ファンタジー 連載中 長編 R15
現実世界から異世界に召喚された「霧崎ルノ」彼を召還したのはバルトロス帝国の33代目の皇帝だった。現在こちらの世界では魔王軍と呼ばれる組織が帝国領土に出現し、数多くの人々に被害を与えていた。そのために皇帝は魔王軍に対抗するため、帝国に古から伝わる召喚魔法を利用して異世界から「勇者」の素質を持つ人間を呼び出す。しかし、どういう事なのか召喚されたルノはこの帝国では「最弱職」として扱われる職業の人間だと発覚する。 彼の「初級魔術師」の職業とは普通の魔術師が覚えられる砲撃魔法と呼ばれる魔法を覚えられない職業であり、彼の職業は帝国では「最弱職」と呼ばれている職業だった。王国の人間は自分達が召喚したにも関わらずに身勝手にも彼を城外に追い出す。 だが、追い出されたルノには「成長」と呼ばれる能力が存在し、この能力は常人の数十倍の速度でレベルが上昇するスキルであり、彼は瞬く間にレベルを上げて最弱の魔法と言われた「初級魔法」を現実世界の知恵で工夫を重ねて威力を上昇させ、他の職業の魔術師にも真似できない「形態魔法」を生み出す―― ※リメイク版です。付与魔術師や支援魔術師とは違う職業です。前半は「最強の職業は付与魔術師かもしれない」と「最弱職と追い出されたけど、スキル無双で生き残ります」に投稿していた話が多いですが、後半からは大きく変わります。 8月中は10時に投稿します。それ以降は不定期投稿です。
24hポイント 44,896pt
小説 25 位 / 36,133件 ファンタジー 14 位 / 13,152件
文字数 269,525 最終更新日 2018.11.15 登録日 2018.08.09
ファンタジー 連載中 長編 R15
高校の受験を間近に迫った少年「霧崎レア」彼は学校の帰宅の途中、車の衝突事故に巻き込まれそうになる。そんな彼を救い出そうと通りがかった4人の高校生が駆けつけるが、唐突に彼等の足元に「魔法陣」が誕生し、謎の光に飲み込まれてしまう。 気付いたときには5人は見知らぬ中世風の城の中に存在し、彼等の目の前には老人の集団が居た。老人達の話によると現在の彼等が存在する場所は「異世界」であり、元の世界に戻るためには自分達に協力し、世界征服を狙う「魔人族」と呼ばれる存在を倒すように協力を願われる。 だが、世界を救う勇者として召喚されたはずの人間には特別な能力が授かっているはずなのだが、伝承では勇者の人数は「4人」のはずであり、1人だけ他の人間と比べると能力が低かったレアは召喚に巻き込まれた一般人だと判断されて城から追放されてしまう―― ――しかし、追い出されたレアは自分を馬鹿にした人間を見返すため、自力で強くなって元の世界に帰還する方法を探し出すことを決意する。 ※今回の主人公のテーマは「チート能力」です。文字変換のリメイクとなります。 ※他の方の作品と名前が被るのでタイトルを少しだけ変更しました。
24hポイント 2,179pt
小説 457 位 / 36,133件 ファンタジー 216 位 / 13,152件
文字数 124,349 最終更新日 2018.10.25 登録日 2018.10.01
8名のクラスメイトと共に異世界の「バルトロス帝国」という国家に世界を救う勇者として召喚された「霧崎レア」彼等が訪れたのは魔法が実在する世界であり、同時にゲームのように「ステータス」と呼ばれる自分の力を確かめる能力が存在する世界観だった。 だが、彼以外の人間達は希少な職業に最初の時点から高いステータスを誇っていたが、彼の場合は魔力以外の能力が異様に低い状態だった。他の人間は「剣の加護」「魔法の加護」といった特別な恩恵を受けているのに対し、レアだけは「文字の加護」と呼ばれる書き記された文字を変換するという謎の能力だった。 現実世界から召喚された勇者として他のクラスメイトが活躍する中、レアは帝国の人間から無能と判断されて冷遇されるが、彼は自分の能力の本当の力に気付く。文字変換の能力はステータスにも有効であり、彼は自分の能力を改竄して馬鹿にされていた人間達から逆に見上げられる立場となる―― ※不遇職の世界観と繋がりを持たせるために一部の話を修正しました。 ※8月16日に完結しました。
24hポイント 1,001pt
小説 796 位 / 36,133件 ファンタジー 342 位 / 13,152件
文字数 123,738 最終更新日 2018.08.16 登録日 2018.07.27
現実世界から異世界に召喚された「霧崎ルノ」彼を召還したのはバルトロス帝国の33代目の皇帝だった。現在こちらの世界では魔王軍と呼ばれる組織が帝国領土に出現し、数多くの人々に被害を与えていた。そのために皇帝は魔王軍に対抗するため、帝国に古から伝わる召喚魔法を利用して異世界から「勇者」の素質を持つ人間を呼び出す。しかし、どういう事なのか召喚されたルノはこの帝国では「最弱職」として扱われる職業に全ての数値が最低のステータスの人間だと発覚する。 彼の「付与魔術師」の職業とは普通の魔術師が覚えられる砲撃魔法と呼ばれる魔法を覚えられない職業であり、彼の職業は帝国では「最弱職」と呼ばれている職業であり、王国の人間は身勝手にも彼を城外に追い出す。しかし、彼は勇者にしか扱えない「異能」と呼ばれる能力を彼は覚えており、その能力を利用して彼は底辺から成りあがる。 彼の異能の能力名は「成長」その能力はレベルの限界を超えて成長し続けるという内容だったが、召喚された時からルノはレベルの数値が「限界突破」と表示されており、この能力が役立つのかも分からなかった。だが、後に彼はこの異能によって無数の魔物と戦う度に彼は様々なスキルを身に着けられる事に気付く。この物語は最弱から最強へと成りあがる冒険者の物語である―― ※リメイク版の制作に入りました。近日中に非公開か削除します。
24hポイント 532pt
小説 1,269 位 / 36,133件 ファンタジー 512 位 / 13,152件
文字数 51,135 最終更新日 2018.08.07 登録日 2018.07.19
20年前、異世界「マテラ」に召喚された「レオ」は当時の国王に頼まれて魔王退治の旅に出る。数多くの苦難を乗り越え、頼りになる仲間達と共に魔王を打ち倒す。旅の終わりの際、レオは共に旅をしていた仲間のエルフ族の剣士に告白するが、彼女から振られてしまう。 「すまないレオ……私は剣の道に生きる」 彼女はそれだけを告げると彼の前から立ち去り、この一件からレオは彼女の選んだ道を追うように自分も剣一筋の人生を歩む。英雄として生きるのではなく、只の冒険者として再出発した彼は様々な依頼を引き受け、遂には冒険者の頂点のSランクの階級を与えられる。 勇者としてではなく、冒険者の英雄として信頼や人望も得られた彼は冒険者を引退し、今後は指導者として冒険者ギルドの受付員として就職を果たした時、20年前に別れたはずの勇者のパーティの女性たちが訪れる。 「やっと見つけた!!頼むレオ!!私と結婚してくれ!!」 「レオ君!!私と結婚して!!」 「頼む、娘と結婚してくれ!!」 「はあっ?」 20年の時を迎え、彼は苦難を共に乗り越えた仲間達に今度は苦悩される日々を迎える。 ※本格的に連載するつもりはありませんが、暇なときに投稿します。
24hポイント 355pt
小説 1,705 位 / 36,133件 ファンタジー 664 位 / 13,152件
文字数 12,879 最終更新日 2018.08.02 登録日 2018.06.12
ファンタジー 連載中 長編 R15
現実世界から異世界に召喚された5人の勇者。彼等は同じ高校のクラスメイト同士であり、彼等を召喚したのはバルトロス帝国の3代目の国王だった。彼の話によると現在こちらの世界では魔王軍と呼ばれる組織が世界各地に出現し、数多くの人々に被害を与えている事を伝える。そんな魔王軍に対抗するために帝国に代々伝わる召喚魔法によって異世界から勇者になれる素質を持つ人間を呼びだしたらしいが、たった一人だけ巻き込まれて召喚された人間がいた。 召喚された勇者の中でも小柄であり、他の4人には存在するはずの「女神の加護」と呼ばれる恩恵が存在しなかった。他の勇者に巻き込まれて召喚された「一般人」と判断された彼は魔王軍に対抗できないと見下され、召喚を実行したはずの帝国の人間から追い出される。彼は普通の魔術師ではなく、攻撃魔法は覚えられない「付与魔術師」の職業だったため、この職業の人間は他者を支援するような魔法しか覚えられず、強力な魔法を扱えないため、最初から戦力外と判断されてしまった。 しかし、彼は付与魔術師の本当の力を見抜き、付与魔法を極めて独自の戦闘方法を見出す。後に「聖天魔導士」と名付けられる「霧崎レナ」の物語が始まる―― ※今月は毎日10時に投稿します。
24hポイント 511pt
小説 1,308 位 / 36,133件 ファンタジー 523 位 / 13,152件
文字数 448,105 最終更新日 2018.07.05 登録日 2018.04.24
現実世界の記憶を引き継いだ少年は確かに一度世界を平和に導いた。だが、気付くと彼は自分が知る世界とは微妙に異なる異世界に転生してしまう。自分が知る世界と酷似した世界で彼はどのように生きるのか―― ※前作の種族統合のレノが本当の異世界に転生した物語です。前作を知らない人でも楽しめるように頑張って書いてみます。不定期投稿になりそうなので気長に見守ってほしいです。
24hポイント 63pt
小説 4,682 位 / 36,133件 ファンタジー 1,537 位 / 13,152件
文字数 119,388 最終更新日 2017.12.17 登録日 2017.08.24
僅か5歳の若さで「用済み」という理不尽な理由で殺された子供の「霧崎 雛」次に目覚めるとそこは自分の知る世界とは異なる「世界」であり、おおきく戸惑う。まるでRPGを想像させる様々な種族が入り乱れた世界観であり、同時に種族間の対立が非常に激しかった。 人間(ヒューマン)、森人族(エルフ)、獸人族(ビースト)、巨人族(ジャイアント)、人魚族(マーメイド)、そしてかつては世界征服を成し遂げた魔族(デーモン)。 これは現実世界の記憶が持つ「雛」がハーフエルフの「レノ」として生きて行き、様々な種族との交流を深めていく物語である。
24hポイント 134pt
小説 3,246 位 / 36,133件 ファンタジー 1,137 位 / 13,152件
文字数 3,054,916 最終更新日 2017.07.21 登録日 2017.02.10
9