不遇職に役立たずスキルと馬鹿にされましたが、実際はそれほど悪くはありません

現実世界で普通の高校生として過ごしていた「白崎レナ」は謎の空間の亀裂に飲み込まれ、狭間の世界と呼ばれる空間に移動していた。彼はそこで世界の「管理者」と名乗る女性と出会い、彼女と何時でも交信できる能力を授かり、異世界に転生される。

次に彼が意識を取り戻した時には見知らぬ女性と男性が激しく口論しており、会話の内容から自分達から誕生した赤子は呪われた子供であり、王位を継ぐ権利はないと男性が怒鳴り散らしている事を知る。そして子供というのが自分自身である事にレナは気付き、彼は母親と供に追い出された。

時は流れ、成長したレナは自分がこの世界では不遇職として扱われている「支援魔術師」と「錬金術師」の職業を習得している事が判明し、更に彼は一般的には扱われていないスキルばかり習得してしまう。多くの人間から見下され、実の姉弟からも馬鹿にされてしまうが、彼は決して挫けずに自分の能力を信じて生き抜く――



――後にレナは自分の得た職業とスキルの真の力を「世界の管理者」を名乗る女性のアイリスに伝えられ、自分を見下していた人間から逆に見上げられる立場になる事を彼は知らない。



※近日中に主人公の名前を変更します。もしも変更後に修正されていない箇所があったら感想で教えてくれるとありがたいです。
24hポイント 31,447pt
小説 33 位 / 33,836件 ファンタジー 22 位 / 12,625件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界召喚に巻き込まれたのでダンジョンマスターにしてもらいました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:9282pt お気に入り:1725

追い出された万能職に新しい人生が始まりました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:51819pt お気に入り:12589

女神様から同情された結果こうなった

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:34968pt お気に入り:6973

対人恐怖症は異世界でも下を向きがち

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:32597pt お気に入り:1022