6
恋愛 連載中 長編 R18
cc.
辺境伯家の双子、アシュリーとナタリー。 ふとした事で、前世の記憶を取り戻した2人は、前世でも双子だった事を思い出す。 国の要である防衛の最前線の辺境伯で、幼い頃より武術・剣術を嗜んできた2人。 アシュリーは暗器をペンに持ち替え、 ナタリーは剣を筆に持ち替えた。 『いくら辺境伯家の令嬢といっても、アレはすでに女じゃないだろう?』 『どれだけ金を積まれても、絶対に妻にはしたくないよな!』 陰でなんと言われているかなんて、よく知ってますよ… でもね、悪いけれど… 貴方達の様な、ケツの青いガキはこっちから願い下げよ! 齢16歳。 中身(前世)アラサー。 好きなタイプ 色気ムンムンのアラフィフ!! 現世で狙うは… アラフォー、一本! え、アラフィフじゃないのかって? 育てたいのよ! 色気ムンムンの自分好みのアラフィフに! ざまぁ? そんなもの…興味はないわ。 だって、最終的に幸せになれればそれでいいもの♪ *閑話にてR18が含まれる場合があります。 読まなくても、ストーリー的には問題ありません。
24hポイント 106pt
小説 10,877 位 / 140,208件 恋愛 5,234 位 / 43,364件
文字数 73,449 最終更新日 2022.04.08 登録日 2022.01.01
恋愛 完結 ショートショート
cc.
仲の良い4人の令嬢には、それぞれ幼い頃から決められた婚約者がいた。 優れた才能を持つ婚約者達は、騎士団に入り活躍をみせると、その評判は瞬く間に広まっていく。 年に、数回だけ行われる婚約者との交流も活躍すればする程、回数は減り気がつけばもう数年以上もお互い顔を合わせていなかった。 そんな中、4人の令嬢が街にお忍びで遊びに来たある日… 有名な娼館の前で話している男女数組を見かける。 真昼間から、騎士団の制服で娼館に来ているなんて… 呆れていると、そのうちの1人… いや、もう1人… あれ、あと2人も… まさかの、自分たちの婚約者であった。 貴方達が、好き勝手するならば、私達も自由に生きたい! そう決意した4人の令嬢の、我慢をやめたお話である。 *20話完結予定です。
24hポイント 234pt
小説 6,459 位 / 140,208件 恋愛 3,072 位 / 43,364件
文字数 54,924 最終更新日 2022.01.20 登録日 2021.11.25
恋愛 連載中 長編 R15
cc.
昔、昔ある所に神より力を与えられた6人の戦士がいました。 彼らは、害を及ぼす魔獣から国を守るために戦い、そして勝利しました。 神はその功績を讃え、それぞれの力を象徴する国を6人の戦士に与えることにします。 その国々は、後に【六神国】として世界中に広まることとなりました。 そして、数百年後 六神国と呼ばれた6つの国は、5つになっていた。 ___昔から、伝わる神話には本当にあった話が含まれていることも多々あるらしい。 それを教えてくれたのは、私付きのメイドだ。 彼女は、数年前に滅亡した国の生き残りだった。
24hポイント 7pt
小説 34,045 位 / 140,208件 恋愛 15,444 位 / 43,364件
文字数 76,577 最終更新日 2021.11.25 登録日 2021.08.07
cc.
何千年も昔…今は絶滅したとされる古代魔術を扱う魔女は『アルテミス』と呼ばれていた。 魔女としては一流だか、人間としては未熟者と言われ移転陣で追い出された先は、獣人や人間が集う大国"ルーン帝国" 移転早々捕まり助けてくれたのは、ルーン帝国最強の獣人騎士団。彼らにお礼として渡したポーションが後にとんでもないことに!
24hポイント 7pt
小説 34,045 位 / 140,208件 ファンタジー 6,082 位 / 34,275件
文字数 74,053 最終更新日 2021.11.09 登録日 2021.01.16
恋愛 完結 長編 R18
cc.
浮気をした婚約者をバッサリと捨てた公爵令嬢アリスティア。 婚約破棄が成立した途端、アリスティアの元には沢山の求婚が寄せられ…気がつけば、逆ハー状態に!!! しばらくは静かに過ごしたいと、次の婚約を先伸ばしにしていたら、周りの男どもが黙っていなかった。 隣の領地の侯爵令息には押し倒され… 目が覚めると第二王子が入ったまま… お兄様には夜這いをかけられ… 騎士団長令息には授業中に… 王太子殿下の近衛には馬車の中で… 次の婚約者はいったい誰か!?
24hポイント 298pt
小説 5,130 位 / 140,208件 恋愛 2,494 位 / 43,364件
文字数 112,881 最終更新日 2021.09.19 登録日 2021.02.26
恋愛 完結 短編 R18
cc.
お気に入りの靴で、友人との待ち合わせ場所に向かっていたはずが…ガクン! ヒールがはまってしまった。 足元から目線を上に上げると… え?ここどこ…? 気づけば知らない森の中に! 目の前には巨大なイノシシ? え、騎士団?エルフ? …神使いって、何? 突然頭の中に話しかけないで! すべてが怪しすぎるので、とりあえず様子を見ることにしてみました。
24hポイント 56pt
小説 15,596 位 / 140,208件 恋愛 7,566 位 / 43,364件
文字数 38,707 最終更新日 2021.08.05 登録日 2021.06.05
6