二式大型七面鳥

二式大型七面鳥

ガンマニアのオッサンです。社会人経験が文章に生かせると良いのですが。よろしければご一読お付き合い下さい。 多くの人に見て欲しく、アルファポリス・カクヨム(五十音順)に重複投稿してます。
11
青葉五月救出に成功し、スナック「轆轤」のリニューアル改装も成功裏に終わった年の瀬を経て明けた新年。関係者一同は、新装開店なった「轆轤」にて、新年会を催していた…… 今回はいわゆる「日常回」、何か事件が起こるわけでも、オチがつくわけでもありません。 ただ、どうしても書いておきたかった、文章の形にしておきたかったネタがありまして。 その意味で、この話は、むしろ「龍の卵 ー時代遅れの風紀総番長「巴御前」、曲者の新入生に翻弄されるー」及び「雨降り狼さん夢の中」の後日談にあたります。 ぶっちゃけ、信仁と巴の関係が完成されるところが書きたかっただけです。自己満足です。 ラブなロマンスが書きたかったんです……言うほどロマンスか?って言うのは言わないお約束で。 ※なので、カテゴリは悩みました。 ※派手な展開は、16話目から始まります。8~9話は小手調べ。 唐突に無意味に脇役の設定が増える部分がありますが、脇役の方が世代としては古いキャラクターだったりするので、まあそのあたりは大目に見てやって下さい。いずれそいつらでも書きます、書きたい。 ※カクヨムさんにも重複投稿してます。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 156,907 最終更新日 2021.08.31 登録日 2021.07.22
あらすじ: 二十世紀前半の欧州、どこかの田舎の農村。村人に溶け込んでいた小さな魔女リュールカ・ツマンスカヤの元に、ある日、軍の調査隊がやって来る。その調査隊は、偶然、リュールカの出自にかかわる秘密に触れてしまう…… 登場人物(一部): リュールカ・ツマンスカヤ:月の魔女。黒髪、黒い瞳、眼鏡で小柄の少女。本作の主人公 フェルディナンド:リュールカの使い魔の黒い仔猫 ヴィルベルヴィンド、ブリュンヒルト:リュールカの魔法具の箒 グドルーン・ブルヴィッツ特務少尉:ブルヴィッツ特務調査小隊の隊長。金髪碧眼の妙齢の女性 スヴェン・ジンネマン曹長:同特務小隊ジンネマン分隊の分隊長。壮年の古参兵 クルト・タンク二等兵:本年徴兵の新米兵士。典型的ゲルマン男性の外見、二十歳、丸眼鏡 このお話は、いつか書こうと設定だけ暖めて転がしていたものを、カクヨムさんのコンテストに向けてブラッシュアップしたものです。カクヨムさんのコンテストが終了したので(結果はお察し)こちらにもアップさせていただきます。眼鏡の、小さな魔女リュールカ・ツマンスカヤの、ちょっと哀しい物語を、最後まで読んで頂けたら幸いです。 普段は一回二千字程度を目処にアップしてますが、今回は章立てベースでアップします。かなり分量あります。 登場人物の名前、村人のギーゼラ、ハナ、ヘルガ以外は元ネタがありますが、それと物語とは全く関係がありません、念のため(ジンネマンとクランプは、まあ、年齢外見含めそういう事で。それだけですが。ああいうオッサン大好きなんです)。 リュールカ、外見と年齢が一致しないタイプの主人公ですが、ロリBBAってほどロリでもBBAでもない中途半端な可哀想な子です。それでもよろしければ、どうぞご一読下さい。 ※殴り書きですが、見た目はこんなイメージです。 https://www.pixiv.net/artworks/88435251 このお話は一旦ここで完結ですが、フォーマットとしては続きが書けるようにしてますし、実際書きたい気持ちはありますので、間を置いてまたリュールカに登場願うと思います。 その際は、またご一読頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 92,441 最終更新日 2021.06.11 登録日 2021.06.03
学校を守る人呼んで「風紀総番長」清滝巴、通称「巴御前」。二年生になって最初の仕事は新入生の入寮日のトラブル対応、その相手は、後に学校史に残るような癖強すぎの問題児二人であった…… 清滝 巴(きよたき ともえ):本編主人公、高二女子。時代遅れの硬派のスケバン。 滝波 信仁(たきなみ しんじ):新入生、問題児その1。 横井 寿三郎(よこい じゅざぶろう):新入生、問題児その2。 長編短編あわせて投稿している「何の取り柄もない営業系新入社員の俺が(以下略)」シリーズの脇役、巴と信仁のなれそめのお話しです。 こいつら、二番目くらいの最古参キャラクターなので、一度きちんとテキスト化しておきたかったのです。 裏話をすると、「玉姫伝」や「恋せよ乙女」同様、一度16Pのマンガとして起こした事があるのですが、テキスト化のため読み直すとどうにもこう、つまんないので、全面的に話を替えました。 なので、流用出来る挿絵が表紙しかありません。←これが言いたかった カクヨムさんでやってる短編コンテストにエントリしようと思ってラフ書いたら3万5000字ほどあって、必死でそっちは1万字に削りました。 アルファポリスさんにアップするのは、そのラフを推敲したバージョンになります。こっちは、他の話との設定整合の部分(あっちで削った部分)がそのまま残ってると言う、その違いになります。 ※文章的な余裕も違いますが…… 楽しんでいただけたら、幸いです。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 36,331 最終更新日 2021.02.17 登録日 2021.01.28
お腹をすかせた、初めて冬を迎える仔猫のアリスは、とっても大きな鳥を見かけます。 あの鳥をつかまえられたなら、きっとお腹がすく事はもうないだろう、アリスはそう思って追いかけます…… たまに、こういうのが書きたくなります。 ガラにもないですが。 場所とかは、一応モデルはありますが、無国籍の体です。 「大きな鳥」のモデルは、タウベ、というWW I 初期のヤツを想定してます。 なので、まあ、時代的、世界観的にそんな感じの、でも戦争はない世界を想定してます。 あと、勿論アリスは猫なんですが、普通の猫でもいいですが、イメージ的に「綿の国星」的なビジュアルで脳内補完していただけると色々捗ります、筆者的に。 楽しんでいただければ、幸いです。 ※カクヨムさんと重複投稿です。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 児童書・童話 2,103 位 / 2,103件
文字数 5,241 最終更新日 2021.01.28 登録日 2021.01.28
ガールmeetガール、ただしどっちも人の範疇をちょっと逸脱している、そんなお話し。 このお話しは、シリーズタイトル「何の取り柄もない(以下略)」の長編第二部「Dollhouse ―抱き人形の館―」でちょこっと、短編「青春短し、恋せよ乙女――ただし人狼の。」で脇をはった、昴銀子と八重垣環の、中学校時代の出逢いのお話になります。 (なので、そっち先に読まれると、こいつらの素性はモロバレになります。まあ、既にタイトルで出落ちしてますが) お話自体は、「青春短し」同様、過去に一度マンガとして起こしたものですが、多少場面を練り直して小説としての体裁を整えてます。 例によって、生まれも育ちも関東のべらんめえ話者である筆者が、一所懸命に推敲しつつ関西弁で台詞書いてます。なので、もし、「そこはそう言わない!」がありましたら教えていただけると、筆者、泣いて喜びます。 拙い文章ですが、楽しんでいただけましたら幸いです。 ※これまた例によって、カクヨムと重複投稿です。また、アルファポリス側はオリジナルの約一万五千字版、カクヨム側は短編小説コンテストフォーマットに合わせた1万字縛り版です。 ※またしても、挿絵もアップします……が、何しろずいぶん前に描いたものなのと、中盤の展開が変わってるので、使える絵があんまりありません…… 20210117追記:05の挿絵を追加しました、銀子の服がセーラーじゃないのは、漫画描いた時と今回テキストにした内容での展開の違いによるものです、ご了承下さい。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 15,987 最終更新日 2021.01.20 登録日 2021.01.11
高校に入学したばかりの人狼の少女、馨は、同じバンドの男の子に恋をしている自分に気付く。とはいえ、人狼同士でしか結ばれない定めもあり、果たして彼女は恋を実らせることが出来るのか…… このお話は、「何の取り柄もない営業系新入社員の俺が、舌先三寸でバケモノ達の相手をするはめになるなんて。」の番外にあたります。時間軸としては本編のだいたい四年前、本編では脇役の蘭馨、昴銀子、八重垣環がメインになります。 このお話は、かつて、ずいぶん昔にマンガとして一度書いたものなのですが、今回改めて同じ内容で文章に起こしてみました。 一応、ラブコメとして書いたつもりです。……ラブコメだよな、これ…… 挿絵も、恥を忍んで、当時描いたマンガのコマから抜いてきました。 絵柄が古いでしょう?この程度の画力ですからねぇ……絵でやって行くのは諦めた次第。 マンガ版の方で、尺の都合で登場人物を馨と銀子に絞った関係で、環の挿絵がありません。筆者的にはこの三人の中で一番美人さんなのに残念なことです。 あと、書いてる奴が関東の人間なんで、関西弁は間違ってる可能性があります。もちろん充分気を使って書いてるつもりですが、お気づきの点があればご指摘いただければ嬉しいです。 ※なお、参考にしているのは昔買ったいくつかの関西の方の同人誌と、サラ・イネスさんの「大阪豆ゴハン」「誰も寝てはならぬ」、さらには田丸浩史氏の「最近のヒロシ」あたりです。 お目汚しですが、楽しんでいただけましたら幸いです。 ※例によってカクヨムと重複投稿です。ただし、今回は、カクヨム側は、コンテストのレギュレーションに合わせた一万字縛り版で、こっちがオリジナルの一万五千字ほどあるヤツになります。 ※こっちは、長編側との設定の整合とかの都合があるので、そのあたりの設定説明が盛られてる版になります。あとちょっと文章表現をあっちでは削ってたりもしますが。字数の都合で。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 16,204 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.12.27
離れて暮らす巴、馨、鰍の三姉妹は、月に一度、両親の命日に集まり、住み慣れたアパートで共に過ごす。三女の鰍は、六年前の出来事を思い出す…… このお話は、「渡る世間は勿怪ばかり」の番外にあたります。時間軸としては本編のだいたい三年前、登場人物は本編で脇を固める人狼姉妹になります。 実はこれは本編より遥かに古い原稿で、こういう、長い物語をにおわせつつ、その一部だけを切り出す手法が流行った時期があった、その頃に書かれたものです(どの頃かはお察しで)。 なので、今現在の本編と微妙に設定がずれてる部分があります。というか、むしろ誤差範囲でしかずれてないのと、本編で伏線に用意していた部分が既にこの時点で……いやいや。 お話しとしては気に入っているのですが、何分古い作品だし……と思ったのですが、読み直してみるとびっくりするくらい今と文体が変ってない(笑)。さすがに漢字やカナの振り方、句読点の打ち方に若干の違いがありますが、あえてそのまま公開します。 なお、文中の表現でもしかしたらお気づきになる方もいるかも知れません、この姉妹、元々は某TRPGのテストプレイ用キャラクターでした。 ついでに、当時描いた絵もつけて公開します。旅の恥はかきすて、毒喰らわば皿までと言う事で。 なお、カクヨムの方に、今の文体に寄せて手を入れた版を公開しました。 お目汚しですが、楽しんでいただけましたら幸いです。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 10,712 最終更新日 2020.12.20 登録日 2020.12.15
ごく普通の新入社員、北条柾木は、ひょんな事から出会ったNPO法人「協会」から仕事の依頼を受ける。それは、人ならざるものが店を構える雑居ビルの、立ち退き交渉の依頼だった…… 本作は、長編「渡る世間は勿怪ばかり」の番外編です。登場人物はそちらに準規し、このお話は時系列的には第一部の直後に位置します。 主な登場人物は以下の通り。 北条柾木:主人公、日販自動車販売中野支店の新入社員、23才。霊的なものに不感症である以外は全くの普通の人。 西条玲子:西条精機の御令嬢、17才。柾木にそこそこ惚れ込んでいる。アルビノで邪眼持ち、それらを誤魔化す意味から普段着はゴスロリ系。 青葉五月:25才、普段はフリーの占い師であり、歌舞伎町でホステスのバイトをしている。本業はいわゆる拝み屋。柾木に恩がある。 本所隼子:本編の最重要人物。スナック「轆轤」のママ。 本編二部の方で先に名前出てきちゃった「本所 隼子」の一件です。霊的不感症以外になんの取り柄も能力もないただの自動車販売会社の新入社員、北条柾木が歌舞伎町の雑居ビルの立ち退き交渉を任される、そこに居るのはとある妖怪……はたして柾木は依頼を完遂出来るのか? アクションシーンその他、今回はほとんどありません。ただ、「我々の身近に、こういう妖怪がひっそりと居るかも知れない」というのが書いてみたかっただけですので、そのあたり雰囲気が出せれば良いなと、賛同頂けましたら幸いであります。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 36,984 最終更新日 2020.12.11 登録日 2020.11.23
2020/12/19 思うところあって、タイトルを変えました 旧シリーズタイトル:渡る世間は勿怪(もけ)ばかり 前作の続きです。現世・現代・社会人縛りでどこまで出来るかのチャレンジでもあります。 前作からおよそ半年、新人サラリーマン北条柾木(23)はまたしても、なし崩し的に事件に巻き込まれ、警察庁の酒井源三郎警部(33)もその事件を追います。 霊的に無感症な以外に取り柄の無い主人公、北条柾木に果たして活躍の場はあるのか? 真面目だけが取り柄のバツイチ警部、もう一人の主人公の酒井源三郎は事件の真相に迫れるか? 北条柾木に想いを寄せる深窓の令嬢、西条玲子はその想いを進展させられるのか? 酒井源三郎のアパートの隣室に住む青葉五月は、優柔不断のバツイチ中年をその気にさせられるのか? そして、一般人から見ればチート属性の人狼ども、祖母:蘭円と孫:蘭鰍、及び新規参入の鰍の姉二人は、どのタイミングで話を引っかき回しに来るのか? 長くなりそうですが、よろしければお付き合い下さい。 ※カクヨムにも重複投稿してます。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 358,287 最終更新日 2020.11.20 登録日 2020.06.27
※先日の初投稿の「渡る世間は~」の初期プロットで、登場人物が自分が所属する組織を説明するために例え話をするシーンがありまして、そこで使う予定だった「つぶやき」を元にした書き起こしです。 ※結局プロット練り直しでそのシーンごと無くなったのですが、ネタとしては面白そうだったので短編に書き起こしてます。 ※内容は基本的には妖怪退治ものですが、書いている方として、どちらかというと恋愛もの的なノリで書いてます。 ※実は、書きたかった部分は、11.~15.だったりします。もしよろしければ、ここだけ読んでいただいても結構です。 ※アルファポリスとカクヨムに重複投稿してます。
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 32,317 最終更新日 2020.05.28 登録日 2020.05.20
2020/12/19 思うところあって、タイトルを変えました 旧タイトル:渡る世間は勿怪(もけ)ばかり あるいは、リーマン達は如何にして物の怪どもを愛するようになったか ー第一部ー ※初投稿です。調子に乗って書いたので、一章一章が長めです。 ※「普通の現代日本」で、「普通?の社会人」が、「普通じゃない状況」になし崩しに巻き込まれていく、そんなお話しです。 ※表紙画像は内容とは「あんまり」関係ありません…… 第1章 Side-A:出逢い 金曜の夜。新入社員の北条柾木は新宿歌舞伎町での新歓コンパの後、ある事件、大卒新人の理解と常識の範囲外のそれに巻き込まれてしまう。 第1章 Side-B:事案発生 ほぼ同時刻。地方警察から警察庁に異例の異動となった酒井源三郎は、新宿歌舞伎町で同僚が催しくれた歓迎会の帰り道で謎の爆発の現場に居合わせる。 第2章 Side-A:さらなる出逢い 土曜の午前、北条柾木は見知らぬ令嬢から、昨夜の事件の詳細を聞かせて欲しいと頼まれる。社長令嬢、西条玲子もまた、北条柾木の理解の範疇の一歩外に居た。 第2章 Side-B:事情聴取 同じく土曜早朝。酒井源三郎は、昨夜の事件、日常の断りの外で起きた事件の事後処理、状況整理の為に休日出勤で庁舎に向かう。同僚かつ部下の蒲田と相談し決めた次の行動は…… 第3章 Side-A:復帰出来なかった日常 日曜。北条柾木は先輩と連れ立って、車検整備の仕上がった車を依頼主の井ノ頭幸庵邸へ納車に向かい、取り返しのつかない事態に陥る…… 第3章 Side-B:ずるい女 同じく日曜。酒井源三郎は如何にして転勤最初の休日を過ごすかを考えていたところ、聞き覚えのある訪問者の急襲を受ける。 第4章 Side-A:急転直下! 月曜と火曜、、北条柾木は本来の仕事に精を出す。そして水曜、会社は定休日、惰眠をむさぼっていた北条柾木は、玄関チャイムの音で目を覚ます…… 第4章 Side-B:情報源確保 謎の射殺死体の見聞を任された酒井は、捜査の過程で重要参考人である北条柾木を事情徴する。 第5章 Side-A:おあいこ 西条玲子のトラウマ、北条柾木の隠された特性、お互いの心の傷を知った二人は…… 第5章 Side-B:おあいこ 奇妙な共同生活を続ける酒井と五月、互いのストレスは最高潮に達し…… 第6章 Side-A:決心 西条玲子の行動に不可思議なものを感じた、北条柾木は、自分から動く事を決心する。 第6章 Side-B:決断 事件に関係する車両の行き先を突き止めた酒井は、そこに突入する決断をする。 第7章:突入! 柾木と酒井は、協力者と共に事件の鍵となる貨物船に突入する。 第8章:エピローグ
24hポイント 0pt
小説 120,116 位 / 120,116件 ファンタジー 31,366 位 / 31,366件
文字数 243,620 最終更新日 2020.05.18 登録日 2020.05.16
11