時乃 蓮実

時乃 蓮実

デザイナーもどき。 軽く書いてるつもりがシリアスが割り込んでくるのは何故なの?? 気まま更新趣味設定悪しからずー。
10
恋愛 連載中 長編 R15
ゲームの悪役令嬢、ならぬ悪役王女として転生した「私」は推しキャラと対面した瞬間に全てを思い出した。 ここは前世でプレイした乙女ゲームの世界で、よりにもよって私は最愛の推しキャラを不幸に貶める常に無表情がデフォルトの最低最悪キャラ、アイソレイシアになっていた。 なんてことだ。このままでは私は最愛の推しキャラを不幸にしてしまう。 「そんなこと、させるもんですか!」 ──尊い推しの幸せは私が全力で守ってみせる! ※本作はなろうでも掲載しています。
24hポイント 717pt
小説 1,498 位 / 51,050件 恋愛 620 位 / 12,143件
文字数 4,297 最終更新日 2019.07.20 登録日 2019.07.19
恋愛 連載中 長編 R15
「……ごめんなさい。お姉様」 申し訳なさそうに目尻に涙を浮かべて謝る妹。 --そう、あなたはいつもそうだった。 いつもあなたは奪っていった。 ドレスやアクセサリー、父の愛情。 --そして、私の婚約者まで。 いつも私の欲しかったものを持っていて、私の大事なものを奪っていった。 妹に婚約者を寝盗られた私--「エマ・グランツ」は決意する。 「やられたらやり返す! 倍返しだ!!」 ※一部終了につき改題します。 旧題→「捕われ令嬢は籠の中で泡沫の夢を見る」 ※なろうにも掲載しています。 息抜きで書いてる作品なのでそこまで部数ありません、多分30部くらいで終わる……つもりだったけど少し長くなりそうです
24hポイント 8,079pt
小説 199 位 / 51,050件 恋愛 97 位 / 12,143件
文字数 68,453 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.05.04
恋愛 連載中 長編 R15
ハイランドア王国のとある名門貴族の長女として生まれた「私」は、ここが前世でハマっていた乙女ゲームの世界だと気づく。 双子の姉として生を受けた私はいわゆる悪役令嬢、そしてヒロインは……双子の妹!? 清廉潔白、品行方正、才色兼備、守ってあげたくなる可憐で健気、しかも強力な魔力持ちで神に仕える巫女--「歌姫」であるヒロイン=双子の妹を虐める悪役令嬢双子の姉=私。 遠慮します。同じ血が通った妹を虐めるなんてできないし、私も同じ力を持つ歌姫。誠心誠意、神に仕えます。 ……アレ? トラウマで歌姫の力が使えない? 冗談じゃない。私はバットエンドで追放も処刑もごめんです。こうなったらありとあらゆる手段で回避してやる! 可愛い妹を愛でながら折角転生した異世界ライフを満喫します。魔力もあるんだし、歌姫としてチートアレコレしてみたいです。 トラウマ? なんとかします。 ……って言ってるうちに物理的に強くなってるけど、なんとかなるよね!? ※復刻版、改訂版。大幅にストーリーを変更している部分があります。 なろうにも掲載しています。
24hポイント 248pt
小説 3,347 位 / 51,050件 恋愛 1,217 位 / 12,143件
文字数 19,973 最終更新日 2019.05.27 登録日 2019.03.04
恋愛 連載中 長編 R15
アルメニア国王子の婚約者だった私は学園の創立記念パーティで突然王子から婚約破棄を告げられる。 王子の隣には銀髪の綺麗な女の子、周りには取り巻き。かのイベント、断罪シーン。 味方はおらず圧倒的不利、絶体絶命。 しかしそんな場面でも私は余裕の笑みで返す。 「承知しました殿下。その話、謹んでお受け致しますわ!」 あくまで笑みを崩さずにそのまま華麗に断罪の舞台から去る私に、唖然とする王子たち。 ここは前世で私がハマっていた乙女ゲームの世界。その中で私は悪役令嬢。 だからなんだ!?婚約破棄?追放?喜んでお受け致しますとも!! 私は王妃なんていう狭苦しいだけの脇役、真っ平御免です! さっさとこんなやられ役の舞台退場して自分だけの快適な生活を送るんだ! って張り切って追放されたのに何故か前世の私の推しキャラがお供に着いてきて……!? ※本作は小説家になろうにも掲載しています
24hポイント 575pt
小説 1,751 位 / 51,050件 恋愛 698 位 / 12,143件
文字数 43,921 最終更新日 2019.05.27 登録日 2018.10.14
恋愛 連載中 長編 R15
15歳の誕生日、ブランテ王国の女王として即位するはずだったエレスメイラ・ルーメル・ブランテは婚約者の宰相に裏切られ、命を落とす。 時は流れ、エレスメイラだった頃の前世の記憶を持ったままヘルゼンブール帝国の第七皇女として生まれ変わったレスティーゼ・エル・ヘルゼナイツは15歳の誕生日に婚約者の浮気現場を目撃する。 生まれ変わって今度こそ幸せになろうとしたのに、今世でもどうやら私はロクな人生を送れそうにないらしい。 よし、ならば今世で幸せになるのは諦めよう! すっぱり今世の人生を諦めたレスティーゼは、今度こそ幸せな人生を送れるようにと、来世に向けて善行をして徳を積むことにした。 --でも、その前に。 また婚約者に裏切られたんだから、今回くらいは仕返ししてもいいよね??
24hポイント 667pt
小説 1,577 位 / 51,050件 恋愛 644 位 / 12,143件
文字数 80,833 最終更新日 2019.04.21 登録日 2018.11.19
恋愛 連載中 短編 R18
世にも珍しい純血の吸血鬼であるフォルティナはある夜街の中を逃げ回っていた。 もう逃げられない、そんな時に通りかがった騎士のルイスに助けられる。 ルイスはフォルティナの好みドンピシャで思わず襲ってしまうがルイスに呆気なく組み敷かれてしまう。 フォルティナは吸血鬼としては徹底的な欠陥があり、ソレを埋めるためのとある行為の交換条件としてルイスに匿われることになる。 しかしフォルティナは知らなかった。 ルイスもまた、フォルティナに一目惚れしていたことに……。 ※予告無くエロ入ります。 短期連載部数未定。 ロリコン要素は出ますがロリコンでは無いです。 ムーンライトにも掲載しています。 ※※間違って消してしまったので再掲してます。お気に入りに入れてくださっていた方々申し訳ありません(´・ω・`)※※
24hポイント 191pt
小説 3,970 位 / 51,050件 恋愛 1,430 位 / 12,143件
文字数 30,969 最終更新日 2019.02.26 登録日 2019.02.22
恋愛 連載中 短編 R15
ある日、公爵令嬢シャイリーンは婚約者であるレーゲンベルク王国第1王子アラン・シュゼット・レーゲンベルクに呼び出された。 「シャイリーン、君との婚約を破棄する!」 突然突きつけられた婚約破棄にシャイリーンは絶望する--わけもなく。 「--ありがとうございます!!」 むしろ満面の笑みで婚約破棄を了承する。 自信過剰、ワガママ、女は自分の所有物としか考えていない最低バカ王子と結婚する気はさらさらなかったシャイリーンは婚約破棄をむしろ喜び、ようやく自由になれたとせいせいする。 バカ王子との婚約のせいで幼少時の全ての時間を王妃教育に費やし、ろくに自分の時間も持てなかったシャイリーンは今度こそ自分のために生きることにした。 不慮の事故で死んだ、前世の分も生きるために。 しかしその日の夜に出会った男にキスされたり、後日その男に再会しキスの件を問い詰めるも男はシャイリーンのことを覚えていなかったり、シャイリーンの自由な日々は前途多難なようで…… ※本作は小説家になろうにも掲載しています 題名が被りかねない作品があったので微妙に改題しています。 旧名→婚約破棄された転生令嬢は悪魔王子に誘惑される
24hポイント 120pt
小説 4,981 位 / 51,050件 恋愛 1,796 位 / 12,143件
文字数 10,497 最終更新日 2019.02.23 登録日 2019.02.17
ヴィルニーナ(ニーナ)はルイズ伯爵家令嬢エヴァリア(エヴァ)様の侍女。 エヴァ様には婚約者がいた。 アレク・ダグラス侯爵様。2人は思い合っているのになぜか遠回りに遠回りを重ねていた。 ニーナはそんなふたりをアレク様の従者、オディマと共に見守っていた。 2人が無事に結ばれるまでを見守るそんな話。 ※こちらは小説家になろうにも掲載しています 基本ゆるめのお話です
24hポイント 49pt
小説 7,980 位 / 51,050件 恋愛 2,836 位 / 12,143件
文字数 13,585 最終更新日 2018.10.29 登録日 2018.10.24
恋愛 完結 短編 R18
高槻ルナは今年大学生になったのを機に一人暮らしを始める。 親の仕送りとバイト代でやりくりしながら悠々自適に一人暮らしを満喫していた。 そんな折、夏休みのはじめ「ヤツ」が私の家に転がり込んできた。 幼馴染のヤツは私の部屋をすっかり気に入り、居候を始める。 気づけばすっかり「同棲状態」になっていた現状に私はヤツを追い出すため攻防を始める。 しかし、私はヤツになかなか勝てなかった。 今日こそは追い出してやる、と心に決めながら私は今日も、バイトに向かうのであった。 ※エロは予告無く入ります この作品はムーンライト様にも掲載しています
24hポイント 113pt
小説 5,108 位 / 51,050件 恋愛 1,857 位 / 12,143件
文字数 19,253 最終更新日 2018.10.19 登録日 2018.10.17
恋愛 完結 短編 R18
私--宵月未桜は今現在、ある問題に直面していた。 幼馴染の大牙が、脳内美化フィルター10倍増しで無駄に輝いてイケメンにみえるのだ。 一つ一つの仕草、その全てが私の心を動かしてしまう。 それには私のある性質が原因だったのだが、私はなんとか抵抗しようと彼を避けまくっていた。 しかしある日、とうとう彼に捕まってしまい…… ※予告無くエロ入ります この作品はムーンライトでも掲載しています
24hポイント 142pt
小説 4,572 位 / 51,050件 恋愛 1,652 位 / 12,143件
文字数 19,287 最終更新日 2018.10.16 登録日 2018.10.12
10