南雲遊火

南雲遊火

よろしくお願いしますm(_ _)m
3
 MANAを巡る旅から数か月後。  深い眠りからジュッドを起こしたのは、傷だらけのライヨウだった。 『妖魔の王妃』ミレイの名が記された書置きを残し、 消えたジュランを追って、ライヨウとジュッドは北の大地へ向かう。 ジュッド「って、なんで親父が一緒にいるんだーッ!!!」 拙宅『電書魔術プロジェクト タブレットマギウス ~ジュラン閣下のやんごとなき道楽~』https://www.alphapolis.co.jp/novel/681345305/575144299の、調子に乗って続編スタート!←
24hポイント 7pt
小説 10,678 位 / 37,438件 ファンタジー 3,405 位 / 13,398件
文字数 9,979 最終更新日 2018.02.16 登録日 2017.12.27
元NASA技術士、現トルクメキア皇帝のジュラン・エトー(江藤十蘭)が手に入れたタブレット。かの中には「電子魔術書」がインストールされていた……。 しかし、「何かが欠けている」ため、電書魔術は発動しない。 双子の弟ジュランに頼まれた兄ライヨウ(雷葉)は、相棒ジュッドとともに故郷「日本」の地を再び踏む……。 シェアワールド企画「タブレットマギウス」をファンタジー世界に持ち込もう! という無茶ぶりから始まった物語。 兼ねて、拙宅「CWS」シリーズおよび「Heaven's Gate」シリーズの外伝という扱いでもあります。 本当に無茶やってますが、よ……よろしくお願いします……(震え)。 素敵なタブレットマギウスについてはこちら参照→http://tabmagi.net
24hポイント 0pt
小説 37,438 位 / 37,438件 ファンタジー 13,398 位 / 13,398件
文字数 31,758 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.10.23
歴史・時代 完結 ショートショート
紀元前1344年、古代エジプト。若きアメンホテプ四世の御代……。 テーベの空は高く、青く広がるが、王の心は暗く沈んでいた……。 人類史上初(?)の宗教改革を行ったアメンホテプ四世ことアクエンアテンが、どうしてそのような暴挙に出たのか……といったお話(ただし、内容はギャグ)。 真面目な歴史小説を期待されていた方、ごめんなさい。 むしろこれを歴史小説にカテゴライズしていいものか、自分でも悩んでます。 とにもかくにも、よろしくお願いいたします! (外部になりますが、参考文献はこちら→http://asoka.wpblog.jp/sonota/onna/)
24hポイント 0pt
小説 37,438 位 / 37,438件 歴史・時代 387 位 / 387件
文字数 4,106 最終更新日 2017.10.05 登録日 2017.10.05
3