13
「はぁ? 冒険者になるだって? ……お前、正気か?」  冒険者になるべく努力をしてきた俺に、魔術学院の友人はそう言った。 「お前の成績だったら、学院教授でも宮廷魔術師でもより取り見取りだろ。冒険者なんて、学院で落ちこぼれたやつが行きつく先だぜ?」 「ふむ……親にもそう言われたな」  だが俺は、冒険者として生き抜く力を身につけるために、これまで努力をしてきたのである。高収入や安定よりも、自由と可能性に満ちた冒険者の生き方に憧れたのだ。  だから俺は、周囲の反対を押し切り、冒険者の道を歩み始める。
24hポイント 7,568pt
小説 123 位 / 22,513件 ファンタジー 73 位 / 8,524件
文字数 172,299 最終更新日 2017.11.01 登録日 2017.09.03
SF 連載中 短編
経験値効率の良い稼ぎ場で延々とレベル上げをしていた俺は、トップ攻略組をして「無理ゲー」と言わしめた最深階層の攻略に、ひょんなことから、たった1人で挑むことになった。 それはそうと、 「──さあ奏多さん、約束通り、脱ぎなさい」 なんて追い詰められて俺の幼馴染みが涙目なんだが、これはどういうことなの……。 ※主人公最強モノのセオリーを大事にした、素直に楽しんでもらえる作品を目指しました。
24hポイント 20pt
小説 1,581 位 / 18,452件 SF 28 位 / 898件
トラックに撥ねられて死んだ。 神様から、スキル選んでいいよと言われた。 “行き倒れ”っていうネガティブスキルがあって、それ取ったらめちゃくちゃポイント貰えるみたいだったから取った。 結果、めちゃくちゃ強いけど必ず腹ペコで行き倒れる、そんな俺ができあがった。
24hポイント 4pt
小説 3,622 位 / 18,452件 ファンタジー 1,156 位 / 6,704件
「俺、女の子が大好きなんです! だから皆さんのパーティに入れてください!」 とある酒場。 3人の少女冒険者たちの前でそう言って、結婚の申し込みをするように頭を下げ、右手を差し出す少年がいた。 これは、可愛い女の子冒険者たちとの冒険を熱望する少年と、彼に振り回される少女たちとが織りなす、バカバカしくも楽しい冒険の物語である。
24hポイント 2pt
小説 4,606 位 / 18,452件 ファンタジー 1,487 位 / 6,704件
ファンタジー世界の武器屋さんは、一体どのようにして生活しているのでしょうか。 ここでは、その疑問を紐解く一つの資料として、異世界にトリップして武器屋の店主になった俺さんの体験を見てみましょう。 ※経営シミュレーション的です。親方とか徒弟とかツンフトとか、そういうリアル中世ヨーロッパな感じではないです。
24hポイント 1pt
小説 5,454 位 / 18,452件 経済・企業 4 位 / 16件
働かなくても生きて行ける、夢の世界の話をしよう。 でもこれは、ひょっとしたら、近い将来に訪れるかもしれない未来の話……なのかもしれない。 ※考証はだいぶテキトー、というか、こうなったらいいなぁという願望成分が強く混じったファンタジーです。
24hポイント 1pt
小説 5,454 位 / 18,452件 経済・企業 4 位 / 16件
恋愛 完結 短編 R15
放課後、文芸部の部室である教室に足を運ぶと、いつもそこには、一人黙々と本を読む少女がいる。 俺は憧れのその先輩と、同じ部に所属していながら、ほとんど話したことがない。 そんなある日、俺が彼女の近くの席に座って、いつものようにライトノベルのページを開くと、その本から光が溢れ出し──俺と先輩は、見知らぬ異世界へと放り出されていた。 ※恋愛ジャンル初挑戦です。 「ねぇよ!」と突っ込まれても、「ファンタジーだから(震え声)」と返すノリの、ベタベタ甘々エセ恋愛作品です。 読者の皆様の口から砂糖を吐かせて「リア充爆発しろ」と言わせたら僕の勝ちだと思っています。
24hポイント 8pt
小説 2,680 位 / 18,452件 恋愛 1,216 位 / 5,177件
 俺はオフィスのソファーに腰掛け、執務机の上に置かれた羊皮紙を眺める。  その羊皮紙には、このような記述。  ロナ……ドワーフ/女/ウォリアー/レベル2/賃金:銀貨12枚  ティアラ……人間/女/プリースト/レベル1/賃金:銀貨6枚  エフィル……人間/女/ガード/レベル3/賃金:銀貨24枚  ファリナ……エルフ/女/メイジ/レベル2/賃金:銀貨12枚  この中の誰かを雇わなければならないのだが、さて、誰を雇ったものか。  俺はお付きのメイドさんに相談したりしながら、考えを巡らせる。
24hポイント 3pt
小説 4,031 位 / 18,452件 ファンタジー 1,299 位 / 6,704件
現代日本において平々凡々と暮らしていた俺が、いつものようにだらだらとネットをしているときに見つけたその広告が、俺の運命の始まりだった。 「ファンタジー世界で会社経営してみませんか? ──冒険者を雇ってダンジョンに行こう!」 そんな煽(あお)り文句の広告を見つけて、ありがちだなぁと思いながらも、「会社経営」という部分に興味を惹かれた俺は、広告先で何気なくクリックを続けて行ったのだが──そうして辿り着いた先は、お約束の異世界。 ただ、俺の知っているお約束とちょっと違ったのは、その世界で俺は、冒険者を雇って営利活動をする会社の、経営をしなければならないということだった。 レベルが高い冒険者を雇えば、その分だけ高い賃金を支払わなければならないこの世界で、黒字経営を実現するためにあの子を雇ったりこの子を雇ったりと試行錯誤をする俺。 でもそんなことをしているうちに、俺はいつの間にか美少女冒険者たちに囲まれていて……えっ、これってほとんどハーレム状態? ※以前に短編で投稿した作品の、連載版です。 ※小説タイトル変更しました。旧題:異世界で冒険者カンパニーの社長をしています→異世界の冒険者カンパニーで美少女冒険者たちを雇っています→現在
24hポイント 21pt
小説 1,534 位 / 18,452件 ファンタジー 500 位 / 6,704件
戦火に巻き込まれた少女の、悲しい生き様。 ※読んでいて不愉快に感じる可能性のある、(非直接的な)性的描写が含まれています。苦手な方はご注意ください。
24hポイント 3pt
小説 4,031 位 / 18,452件 ファンタジー 1,299 位 / 6,704件
長い金色の髪を持つ、美しい姫オリエ。 短い銀髪の、少年のような凛々しさを持つ少女騎士、セルフィ。 これは、ひょんなことから見知らぬ森の中に放り出された二人の少女が、ほんのりえっちな目に遭いながらも、何とかお城への帰還を試みるお話です。
24hポイント 6pt
小説 3,053 位 / 18,452件 ファンタジー 973 位 / 6,704件
トリーシャという名の冒険者の少女には、一つの異名があった。 『白銀の剣姫』というその二つ名を、本人は、過分なものだと否定する。 ソロで活動する少女冒険者、その戦う姿を見た者はなく、その活躍をペテンと嘲る者もいる。 そんな彼女に、ドラゴン退治の依頼が舞い降りた。 彼女の友人冒険者が依頼を受け、彼女に同行を願い出たのである。 しかし彼女は、その申し出を拒絶する。 「ボクはパーティは組まない」と……。
24hポイント 7pt
小説 2,859 位 / 18,452件 ファンタジー 909 位 / 6,704件
何の変哲もない異世界。 何の変哲もないフリーターの俺は、何の変哲もないトラックに撥ねられ、何の変哲もないチート能力を女神からもらい、何の変哲もない冒険者になる。 そんな俺の願望は──英雄とか勇者とかそういうのいいですから、可愛い女の子に囲まれてだらだら冒険者生活がしたいです。
24hポイント 385pt
小説 163 位 / 18,452件 ファンタジー 74 位 / 6,704件
13