7
旧題:ハズレ属性土魔法のギフトを貰ったことで、周囲から蔑すまれ、辺境の僻地へ追放された俺だけど、僻地の村でガンガン領地開拓! 15歳の託宣の儀でハズレ属性魔法の土魔法のスキルをもらった(俺)エクトは、父である辺境伯や兄弟達から蔑まされ、周囲からも白い目で見られる。そして父親である辺境伯の命令で、辺境の僻地の村ボーダの領主になる。Bランク女性冒険者パーティ『進撃の翼』の五人を護衛につけ、ボーダの村に向かった。俺は、村に着く途中で、山賊に襲われている馬車と遭遇する。『進撃の翼』のパーティと共に山賊達を討伐し、襲われていた商人アルベドを助けた。アルベドからお礼として、奴隷メイドのリンネを貰うことに。ボーダ村に到着したエクト達はボーダ村を領地開拓し、未開発の森林を開拓して領土を広げる。魔獣討伐、ダンジョン発見、ドラゴンとの攻防を潜り抜け、ファルスフォード王国の王陛下より男爵の爵位と領土をもらい、領地を発展させていく。(一旦完結しています)第二部を連載していきます。。(アルファポリス、第13回ファンタジー大賞、優秀賞)
24hポイント 1,620pt
小説 1,059 位 / 105,634件 ファンタジー 224 位 / 28,008件
文字数 474,172 最終更新日 2021.04.21 登録日 2020.08.31
青春 完結 長編 R15
土砂降りの雨の中、子猫を抱いて雨宿りしていると一人の美少女が 雨宿りのベンチに飛びこんできた。 岡島高校では誰でも知っている美少女ギャルの加茂井愛理(カモイアイリ)。 俺、麻宮亮太(アサミヤリョウタ)は子猫を抱いているが、家で飼う事も出来ずに困っていると、加茂井愛理が子猫を飼ってくれるという。 ぐっしょりと濡れたブレザーとシャツ。 それを見た俺はタオルと傘を押し付けて、公園から飛び出した。 それが加茂井愛理との初めての会話だった。 中間考査テストが終わった5月の末に、4時間目が自習だった俺達のクラスでは、あまりの暇さにゲームが行われた。 罰ゲームは同じクラスの美少女ギャルである加茂井愛理に告白すること。 そして俺はゲームに負けて、告白をすることに。 女子の輪の中に入っていって、屋上に来てもらうように頼む。 「なんだー! 亮太も私に告白するの? 亮太からの告白だったら……付き合ってもいいよ」 愛理からとんでもない言葉が飛び出した。 そして俺と愛理は付き合うことに。 何の取り柄もない地味男の俺と、学校のアイドルギャル愛理との付き合い始まる。 今まで女子と付き合ったことのない俺は、どうやって愛理と付き合えばいいのだろうか。
24hポイント 85pt
小説 8,831 位 / 105,634件 青春 97 位 / 4,090件
文字数 102,225 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.16
青春 完結 長編 R15
両親の離婚のため、街を離れた僕、空野蒼大(ソラノアオト)は父親の他界した後に、親類の家で生活してた。これ以上、親類の家に迷惑をかけたくない、それと自由に生きたいと僕は父が残してくれた、昔の街の家で住むことを決めた。僕が高校生活を送っていけるだけの金銭はある。ハウスクリーニングに依頼をして、昔の家を掃除してもらい、高校編入の手続きも終えて、元いた街で待望の1人暮らしを始めることになった。転校生として僕が挨拶をすると、昔、友達だった、小栗悠、黒部瑛太、神崎蓮と偶然の再会を果たす。家に帰ると鍵が開いている。中を覗くと制服をきた女子が1人いた。幼馴染の隣のお姉さん、瑞希先輩が再会を喜んでくれる。小さい頃に大事な約束をしたらしいが僕は覚えていない。1人暮らしをはじめてから瑞希先輩が、あれこれ世話してくれるが、これって甘えていいんだろうか。クラスメイト達と瑞希先輩とのスクールライフが始まる。優柔不断で憶病な僕は、クラスメイトと瑞希先輩に振り回されながら、スクールライフを送ることに・・・・・・これからどうなっちゃうんだ。(ゆっくりと段々とイチャイチャ・ラブラブ・アマアマ・激アマになっていきます。甘いものが苦手な方は要注意!)
24hポイント 85pt
小説 8,831 位 / 105,634件 青春 97 位 / 4,090件
文字数 386,642 最終更新日 2020.06.20 登録日 2020.06.08
青春 完結 長編 R15
高校2年生に入り、俺は窓際の列の一番後ろという「特等席」を手に入れた。 これで誰にも気兼ねすることなく、1人をおう歌できると大いに喜んだ。 すっかり、隣に席があるのも忘れて、1人で喜んでいた俺がいた。 隣に座ったのは、クラスでも上位に君臨する、茶髪ギャルのヒロイン。 ギャルの中では学年NO1と言われるほど、きれいで可愛い。 まさか毎日、このヒロインに頭を悩ませることになるとは思ってもみなかった。 どこまでも平凡で、どこにでもいるモブ筆頭の俺が、なぜか美少女ギャルに 毎日、急接近される日々が始まる。
24hポイント 28pt
小説 15,747 位 / 105,634件 青春 164 位 / 4,090件
文字数 178,077 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.06.03
 星雲高校3年A組の青野涼(アオノリョウ)はアパートの近くの公園で夕陽を見ていた。いつも決まった時間になると、公園のブランコに腰をかける美少女。彼女とは毎日のように公園で出会うが話したことがない。涼も何を話して良いかわからないし、無理して話す必要もない。いつしか夕暮れの公園で2人で過ごすことが日常となっていた。  謎の美少女は3年になってから一緒のクラスになった雪野愛理沙(ユキノアリサ)だったとわかった。彼女と夕暮れに2人で公園で過ごしていることは誰にも秘密。  ある日、涼はジュースを渡して、愛理沙に話しかける。愛理沙が大事そうにつけているピンクダイヤモンドのネックレスを褒めると、彼女は「これは私の過去、そして私の罪と罰」と謎の言葉を残して公園を去っていく。  その言葉を聞いてから、涼は愛理沙のことを気にかけるようになった。それが全ての始まりになるとは 涼も愛理沙も気付いていなかった。(正統派恋愛小説)
24hポイント 0pt
小説 105,634 位 / 105,634件 ライト文芸 4,775 位 / 4,775件
文字数 103,885 最終更新日 2020.02.15 登録日 2020.02.13
ファンタジー 連載中 ショートショート R15
エルアドル王国の辺境の城塞都市ラングルスの街のスラム地区に突然転移した桐ケ谷春夢(ハルム) 異世界で現実では味わえない色々な経験。 転落人生、偶然の出会い、意外な結びつき、度重なる不運と幸運。 王族、貴族達、近隣諸国に巻き込まれ、斜め上の知恵と【加速】で無双する騎士物語。 {不定期投稿}再開いたしました!よろしくお願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 105,634 位 / 105,634件 ファンタジー 28,008 位 / 28,008件
文字数 131,776 最終更新日 2019.05.02 登録日 2019.05.02
ゴブリン退治にスカラの森へ向かったザルバ村の若者達の中に15歳のルイも参加した。 スカラの森でゴブリン達に囲まれて窮地にたつ。 ゴブリン達から逃げるためスカラの森の中にある空き地に逃げ込む。 大地が割れてソルトワームが襲い掛かる。 大地の割れ目へ落ちていくルイと若者達。 地下空間に落ちた若者は次々と地下のモンスターに喰われて命を落としていく。 手や足も内臓も喰われて致命傷を負いながら張って逃げようとするルイの前にリッチが現れる。 ルイを助けたリッチはボロボロになっているルイの身体から新しいホムンクルスの身体へ魂を移し替える。 リッチ達は膨大な魔力をルイに与えると永久の眠りに着くと言って指輪の中へと姿を消した。 膨大な魔力を受け継いで絶世の美少女のような外見の強靭な身体を与えられたルイが織りなす冒険の物語がこれからはじまる。 《異世界ファンタジーです。シリアスあり、恋愛あり、ほのぼのありです》
24hポイント 56pt
小説 11,068 位 / 105,634件 ファンタジー 2,147 位 / 28,008件
文字数 605,474 最終更新日 2018.03.20 登録日 2018.02.21
7