凛 伊緒

凛 伊緒

異世界もの好きで、小説から漫画等、沢山の本を持っています。 実際に書いてみると、少し難しいものですね...。 頑張ります。
10
不運な事故により、23歳で亡くなってしまった会社員の八笠 美明。 目覚めると見知らぬ人達が美明を取り囲んでいて… (まさか……転生…?!) 魔法や剣が存在する異世界へと転生してしまっていた美明。 魔法が使える事にわくわくしながらも、王女としての義務もあり── オタクの魔法知識炸裂!? 王女として生まれ変わった美明―リアラ・フィールアが、前世の知識を活かして活躍する『転生ファンタジー』──
24h.ポイント 35pt
小説 18,532 位 / 185,320件 ファンタジー 2,549 位 / 42,561件
文字数 154,929 最終更新日 2024.05.24 登録日 2020.08.29
伯爵令嬢へレア・セルティラス、15歳の彼女には1つ下の妹が出来た。その妹は義妹であり、伯爵家現当主たる父が養子にした元平民だったのだ。 自分は『ヒロイン』だと言い出し、王族や有力者などに近付く義妹。さらにはへレアが尊敬している公爵令嬢メリーア・シェルラートを『悪役令嬢』と呼ぶ始末。 このままではメリーアが義妹に陥れられると知ったへレアは、計画の全てを阻止していく── ─義妹が異なる世界からの転生者だと知った、元から『乙女ゲーム』の世界にいる人物側の物語─
24h.ポイント 795pt
小説 1,514 位 / 185,320件 恋愛 735 位 / 56,278件
文字数 103,397 最終更新日 2023.12.24 登録日 2023.04.21
恋愛 完結 短編
「お前との婚約を破棄するッ!我が国の未来に、無能な王妃は不要だ!」 とある日のパーティーにて…… セイラン王国王太子ヴィアルス・ディア・セイランは、婚約者のレイシア・ユシェナート侯爵令嬢に向かってそう言い放った。 隣にはレイシアの妹ミフェラが、哀れみの目を向けている。 だがレイシアはヴィアルスには見えない角度にて笑みを浮かべていた。 ヴィアルスとミフェラの行動は、全てレイシアの思惑通りの行動に過ぎなかったのだ…… 主人公レイシアが、自身を貶めてきた人々にざまぁする物語──
24h.ポイント 184pt
小説 6,114 位 / 185,320件 恋愛 2,769 位 / 56,278件
文字数 52,233 最終更新日 2023.03.16 登録日 2023.01.31
ラージエルス王国の第二王子、ゼルディア・フォン・ラージエルス。 彼は貴族達が多く集まる舞踏会にて、言い放った。 「エリス・ヘーレイシア。貴様との婚約を破棄する!」 「……え…?」 突然の婚約破棄宣言。 公爵令嬢エリス・ヘーレイシアは驚いたが、少し笑みを浮かべかける──
24h.ポイント 42pt
小説 16,231 位 / 185,320件 恋愛 7,461 位 / 56,278件
文字数 17,372 最終更新日 2022.10.31 登録日 2022.10.24
恋愛 完結 長編
死んで転生したら、大好きな乙女ゲーの世界の悪役令嬢だった!? バッドエンドだらけの悪役令嬢。 しかし、 「悪さをしなければ、最悪な結末は回避出来るのでは!?」 そう考え、ただの令嬢として生きていくことを決意する。 運命を変えたい主人公の、バッドエンド回避の物語! ※完結済です。 ※作者がシステムに不慣れな時に書いたものなので、温かく見守っていだければ幸いです……(。_。///)
24h.ポイント 106pt
小説 8,949 位 / 185,320件 恋愛 4,115 位 / 56,278件
文字数 278,827 最終更新日 2022.10.07 登録日 2021.03.29
公爵令嬢のシュレア・セルエリットは、7歳の時にガーナス王国の第2王子、ザーディヌ・フィー・ガーナスの婚約者となった。 はじめは嬉しかったが、成長するにつれてザーディヌが最低王子だったと気付く── 婚約破棄したいシュレアの、奮闘物語。
24h.ポイント 49pt
小説 14,800 位 / 185,320件 恋愛 6,794 位 / 56,278件
文字数 40,591 最終更新日 2022.09.25 登録日 2022.08.21
恋愛 完結 短編
シルディンス王国・王太子の婚約者である侯爵令嬢のセスアは、伯爵令嬢であるルーシアにとある名で呼ばれていた。 『悪役令嬢』……と。 セスアの婚約者である王太子に擦り寄り、次々と無礼を働くルーシア。 セスアはついに我慢出来なくなり、反撃に出る。 しかし予想外の事態が…? ざまぁ&ハッピーエンドです。
24h.ポイント 78pt
小説 11,141 位 / 185,320件 恋愛 5,060 位 / 56,278件
文字数 23,954 最終更新日 2022.07.13 登録日 2022.06.30
生まれつき、私の目は紫色だった。 しかしこの世界では、紫の瞳を持つのは魔族のみ。 魔族は人族に忌み嫌われている種族であり、人族どうしの子供が紫の瞳を持って生まれたことなど、前例がなかった。 紫の瞳に赤い髪。 この容姿が原因で、15歳の誕生日の日、私は実家であるヘリューア侯爵を追放された。 強制的に馬車に乗せられ、着いた先はで見知らぬ森。 しかしそこで出会ったのは……
24h.ポイント 14pt
小説 29,397 位 / 185,320件 恋愛 12,820 位 / 56,278件
文字数 15,631 最終更新日 2022.02.12 登録日 2022.01.31
「お前はこのパーティーに相応しくない。今この場をもって、追放とする!それと、お前が持っている物は全て置いていってもらうぞ。」 「それは良いですわね、勇者様!」 勇者でありパーティーリーダーのゼイスに追放を宣言された。 隣にいる聖女メーシアも、大きく頷く。 毎日の暴行。 さらに報酬は平等に分けるはずが、いつも私だけかなり少なくされている。 最後の嫌味と言わんばかりに、今持っている物全てを奪われた。 今までの行いを、後悔させてあげる--
24h.ポイント 7pt
小説 35,997 位 / 185,320件 ファンタジー 5,538 位 / 42,561件
文字数 35,486 最終更新日 2021.10.14 登録日 2021.09.29
「サリーエ。すまないが、君との婚約を破棄させてもらう!」 リデイトリア公爵家が開催した、パーティー。 その最中、私の婚約者ガイディアス・リデイトリア様が他の貴族の方々の前でそう宣言した。 当然、注目は私達に向く。 ガイディアス様の隣には、私の実の妹がいた-- 「私はシファナと共にありたい。」 「分かりました……どうぞお幸せに。私は先に帰らせていただきますわ。…失礼致します。」 (私からどれだけ奪えば、気が済むのだろう……。) 妹に宝石類を、服を、婚約者を……全てを奪われたサリーエ。 しかし彼女は、妹を最後まで責めなかった。 そんな地獄のような日々を送ってきたサリーエは、とある人との出会いにより、運命が大きく変わっていく。 それとは逆に、妹は-- ※全11話構成です。 ※作者がシステムに不慣れな時に書いたものなので、ネタバレの嫌な方はコメント欄を見ないようにしていただければと思います……。
24h.ポイント 28pt
小説 20,965 位 / 185,320件 恋愛 9,407 位 / 56,278件
文字数 12,774 最終更新日 2021.08.09 登録日 2021.07.30
10