牡丹

牡丹

初めまして。 異世界のお話に夢中です。私の好きなパターン書いてみます。 おかしな所はお許し下さいませ。
8
宝石の販売員のエリカ。 二十歳の誕生日に異世界へ召還されてしまった。 戻す方法がわからないらしく、仕方が無くここで第2の人生を歩む事にした。 魔力のある世界なので色でわかるレベルチェックをするとまさかの真っ黒! ブラック魔力を隠せと言うけど、どうしてなの?
24hポイント 411pt
小説 3,194 位 / 121,392件 ファンタジー 727 位 / 31,539件
文字数 21,916 最終更新日 2021.09.26 登録日 2021.08.22
歳より若く見える主婦が主人公。 日本庭園を散策中、濃霧の中を進むと何故かそこは見知らぬ王城の中庭だった。 いきなり不審者だと騎士に殺されそうに。 迷い込んだ異世界の文化や常識の違いに戸惑ってばかり。 孤独で寂しくって、でも元の世界に戻れない。押しつぶされそうになって、、1人寂しく泣いています。 主人公は元の世界へ帰れるのかな? 「私と異世界の騎士マーベリックの日常」の章は、お話が長くなったので独立させてます。是非読んで見て下さい。
24hポイント 0pt
小説 121,392 位 / 121,392件 ファンタジー 31,539 位 / 31,539件
文字数 69,374 最終更新日 2021.09.13 登録日 2020.03.15
神隠しのように異世界に迷い込んだ主人公がそこで出会った王城騎士団総団長マーベリックと結婚後の日常のお話集です。 主人公は若く見えるおばさんです。 異世界の常識不足でマーベリックを困らせたり、トラブルに巻き込まれます。 彼の深い愛情で危機を乗り越え2人の愛情が試されます。 結婚前の話は、 「私と異世界の騎士マーベリック。お菓子が我が身を救うなんて」 を読んで下さい。 そちらで書いてましたが、お話が増えて来たのでこちらに独立させました。
24hポイント 7pt
小説 28,096 位 / 121,392件 ファンタジー 5,704 位 / 31,539件
文字数 45,697 最終更新日 2021.09.04 登録日 2020.05.29
気がつけば異世界に迷い込んでしまった。透明な世界の境目を超えてしまった。 可愛い猫ちゃんの鳴き声に誘われてアジサイが見事な小道に入った。 猫ちゃんを追ってドンドン進むと透明な空気の膜のような物にぶつかった。 元来た道へ帰ろうとしたら行き止まりになっていて帰れない! 仕方なくかくまった騎士と一緒に城へ行き、保護をされ城で暮らす事になったのだけど、、、 珍しい異世界人に色んな人が興味を持ち、珍獣扱いのよう。面会という名の取り調べのような毎日。部屋にいる以外は、常に誰かがいる。 嫌気がさしていたら見かねた騎士達が付き添い町へ気晴らしへ向かうが、彼らのファンから嫉妬を買ってしまい、、、
24hポイント 7pt
小説 28,096 位 / 121,392件 ファンタジー 5,704 位 / 31,539件
文字数 33,140 最終更新日 2021.08.01 登録日 2021.04.26
大学生の菜緒は、親戚の老夫婦が住む神社に下宿を始めた。 高齢の彼らに代わり掃除や雑用をこなすことに。 今は使われていない西の館の掃除に熱中していて、あまりにも汚い扉を拭いていたら拍子に扉を開けてしまった。 驚いて部屋に入ってしまったが戻ろうとしたら扉が消えてしまい帰れない! それは「開かずの扉」で、中は異界へ繋がっていたのだった。 これからどうなるの?
24hポイント 0pt
小説 121,392 位 / 121,392件 ファンタジー 31,539 位 / 31,539件
文字数 11,598 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.02.22
ユリアーノ(日本名ユリア)は愛する人が昏睡状態になり死を待つだけ。 でも、彼女には助ける術がある。 その為には、この世界を超えた世界へ戻らないといけない。 アスカディア王国で婚約を迫られて2度と帰らないと家出したのに。 愛する人を救う為、戻って婚約者候補から逃げて逃げて婚約を諦めさせてやる!
24hポイント 7pt
小説 28,096 位 / 121,392件 ファンタジー 5,704 位 / 31,539件
文字数 15,316 最終更新日 2021.02.06 登録日 2020.09.01
魔力持ちの公爵令嬢ルーシィメイが転移魔法の練習中、呪文を唱える途中にトラブルが起こってしまって何処かに転移されてしまった! そこは日本の古い社(やしろ)だった。
24hポイント 0pt
小説 121,392 位 / 121,392件 恋愛 35,856 位 / 35,856件
文字数 9,943 最終更新日 2020.08.24 登録日 2020.07.30
我が家に3つの物が伝わる。 螺鈿細工の水晶、赤い石の腕輪、翡翠の指輪だ。 月の明るい夜に蝶を見かけ追いかけると、蔵の扉の上に飾られいる水晶が光っていた。蔵の扉を開けたら、そこは見知らぬ世界だった。
24hポイント 0pt
小説 121,392 位 / 121,392件 ファンタジー 31,539 位 / 31,539件
文字数 4,803 最終更新日 2020.06.02 登録日 2020.05.27
8