更紗

更紗

四国の片田舎に暮らす妄想魔人。日夜虫どもと戦う日々。あっちこっちで書き散らかし。※書籍化作品以外の表紙イラストは自前です。Twitterに更新情報等上げてます。
23 12
恋愛 完結 短編 R18
希代の悪妃として、処刑台へと誘う鐘の音を聞いていた王国イルギアナの王妃、オリヴィア。 しかし彼女の元に、王国の剣と呼ばれる武勇の騎士、ギルバート=ルデナ=アルシュダが現れる。 幼馴染みで戦友であった彼に、共に逃げようと提案されるも、オリヴィアは拒否。 自分は自業自得だから仕方が無い、だけど貴方には生きて欲しい、と願うがギルバートは「悪いが、その願いは聞けない」と告げて―――目覚めた時には、腕の中に囚われていた。 行き着くのは、悲劇か、幸福か。 ※一日一回更新で完結まで予約投稿済。31日からは夜10時更新。
24hポイント 1,732pt
小説 615 位 / 44,935件 恋愛 228 位 / 10,697件
文字数 14,692 最終更新日 2019.04.03 登録日 2019.03.30
産まれると同時に母親を亡くした少年、武ノ森曜介(たけのもりようすけ)は、毎年誕生日に父親から渡される母の手紙を心待ちにしていた。 死を予期していた母が綴ってくれた、誕生日を迎える自分へ向けたメッセージ。 毎年優しい言葉で紡がれる母の言葉が、しかし十四歳を迎えた今日だけは違っていた。 【貴方が母の腹に居た時、母は一つの賭けをしました。それは貴方は勿論のこと、周囲の全てを巻き込む、とてつもなく分の悪い賭けでした。】 首を傾げる曜介の目に、母の文字で綴られた『永帝』という言葉が映る。 そしてその心臓に埋め込まれた碧の玉は、彼と全てを巻き込み目覚めを迎えるのだった。 ーーーーーー 磨け 磨け 研ぎ澄ませ 打ち続けた胸の刃を 猛き強き鋼に変えて 時代を生き抜け駆け抜けよ ーーーーーー 【 心に刀を持って 強く生きて 負けないで だけど時々逃げて 休んで 心を守って そうしていつか 貴方が望んだ場所に辿りつけるように 貴方の未来が 笑顔と幸せに溢れたものになるように 】 [碧玉ノ永帝(へきぎょくのえいてい)] 碧の玉ト、永久ナル帝ヲ、ツナグ「ノ(かたな)」ヨ 磨ケ磨ケ研ギ澄マセ 己ガ心ヲ刃トナシテ ーーーーーー ※息子達の為に書いている作品なので超絶不定期更新です。完結するかも不明です。ご了承お願いします。
24hポイント 42pt
小説 7,025 位 / 44,935件 ファンタジー 1,879 位 / 15,209件
文字数 16,540 最終更新日 2019.03.18 登録日 2019.03.17
恋愛 完結 ショートショート
私の恋は、雨が降る日に始まり、雨が降る日に―――終わった。 それは苦く切ない思い出。未だ忘れられない、心に降り続けている悲しみ。 突発でやる事になった仕事を終え、帰ろうとした時、誰もいない玄関ロビーに現れたのは、残業の原因となった後輩、上村君だった。
24hポイント 92pt
小説 4,825 位 / 44,935件 恋愛 1,663 位 / 10,697件
文字数 10,572 最終更新日 2019.03.17 登録日 2019.03.17
恋愛 完結 短編
旦那様は世間で噂の草食系。 がっついた感じが苦手なあたしにとっては理想のお相手。 けれど、そんな彼が最近やけに怪しい。 まさか未だにめったと手を出してこないこの人に限って、浮気とかは無い……と思いたいけれど……。 心配で夫の休日の活動を見張ってみたら、なんと、彼はやり手のゴーストハンター!? あれ、なんか口調が、いつもと違うんですけど……? ただのサラリーマンのはずなのに、我が家が裕福なのはこのせいだったの!? 大事にされすぎた奥様が見つけてしまった、草食男子だと思ってた旦那様が実は肉食で、それを隠されてたお話。
24hポイント 255pt
小説 2,802 位 / 44,935件 恋愛 963 位 / 10,697件
文字数 47,192 最終更新日 2019.03.16 登録日 2018.10.03
恋愛 完結 長編 R18
政略結婚後、退屈な毎日を送っていたレオノーラの前に現れた、旦那様の元カノ。 ああ なるほど、身分違いの恋で引き裂かれたから別れてくれと。よっしゃそんなら離婚して人生軌道修正いたしましょう!とばかりに勢い込んで旦那様に離縁を勧めてみたところ―― あれ?何か怒ってる? 私が一体何をした…っ!?なお話。 有り難い事に書籍化の運びとなりました。これもひとえに読んで下さった方々のお蔭です。本当に有難うございます。 ※本編完結後、脇役キャラの外伝を連載しています。本編自体は終わっているので、その都度完結表示になっております。ご了承下さい。
24hポイント 639pt
小説 1,344 位 / 44,935件 恋愛 487 位 / 10,697件
文字数 144,316 最終更新日 2019.03.10 登録日 2016.09.25
恋愛 完結 ショートショート
発せられた声、目に入ったその姿に、無意識に上げた悲鳴。 浮かべた笑顔とは裏腹に、その瞳の奥は笑っていなかった。 刺す様な視線。 その矛先は―――――私。
24hポイント 85pt
小説 4,991 位 / 44,935件 恋愛 1,742 位 / 10,697件
文字数 14,137 最終更新日 2019.02.26 登録日 2019.02.26
轟町にある轟郵便局。そこには、とある特殊な『郵便局員』がいた。彼女の名は安佐心子(あさしんこ)。 かつて、異世界にあるプラドリア帝国という大国で、暗殺者としてその名を轟かせたという超一流のアサシンである。 年齢は自称二十六歳。郵便局の窓口担当でありながら、朝から夕方の勤務時間、終始黒い覆面をつけた彼女は、神のいたずらによって現代世界に転移し、身を隠し人に紛れ生活している……が全く隠れていないのが玉に瑕……というそんなお話。 頭を空っぽにして、アニメ風再生でお楽しみ下さい。 不定期連載。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり実在のものとは関係ありません。 (2019/02/12 カテゴリエラーになっていましたので修正しました。大変失礼いたしました。
24hポイント 21pt
小説 9,564 位 / 44,935件 ファンタジー 2,476 位 / 15,209件
文字数 11,695 最終更新日 2019.02.16 登録日 2019.02.11
恋愛 連載中 長編 R15
恋愛に臆病な女性 広瀬由月(ひろせゆづき)と、書店店長 工藤孝弘(くどうたかひろ)との恋愛話。 恋は無くても、平穏があった。 それを変えたのは、誰―――?
24hポイント 42pt
小説 7,025 位 / 44,935件 恋愛 2,422 位 / 10,697件
文字数 35,345 最終更新日 2018.11.05 登録日 2016.09.25
恋愛 完結 ショートショート
日課通りに窓を開いた私の目には、いつも『彼』の姿が見えていた。 毎日同じ場所、同じ時間に現れる『彼』は、今日も同じ場所を見上げている。 それは、私も同じで――― 『彼』と私。 共通するのは……片想い。
24hポイント 49pt
小説 6,590 位 / 44,935件 恋愛 2,276 位 / 10,697件
文字数 3,543 最終更新日 2018.10.01 登録日 2018.10.01
故郷を滅ぼされて以来、魔女一族の生き残りとして隠れて暮らしてきたエレニー。彼女はある日、魔女の討伐を命じられたという騎士ヴァルフェンに剣を突きつけられてしまう。だが、彼はエレニーに惚れたと言い出し、彼女を担ぎ上げて仲間の騎士達から逃げ出した! 当然、文句を言うエレニーだったけれど家に戻れば捕らわれるため、彼と逃亡生活を送ることに……。最初のうちは警戒していたエレニーも、彼の優しさへ触れるうちに少しずつ惹かれていく。そんな中、エレニー達は追っ手に追いつかれ、魔女にのみ作用するという呪具を使われてしまった。そのせいで、エレニーは命の危険に陥って――!?
24hポイント 106pt
小説 4,474 位 / 44,935件 ファンタジー 1,301 位 / 15,209件
文字数 28,907 最終更新日 2018.08.30 登録日 2018.08.30
―――貴方は、知っているだろうか。 ある街のある場所に、女神の名を冠する一軒の店がある。 その店の名は「AFRODITE」(アフロディーテ)。 かのオリュンポス十二神に名を連ね、美と愛を司る女神の一柱として名を馳せる。 美において誇り高く、また戦の女神としての側面も持つ美神の名を持つその店は、名の通り人を美しくする事を生業としている。 『必ず美しくなれる美容室』と評判の店は、現代の瓦版とも言うべきSNSなどを通じて、密かに静かに女性達の間で噂されていた。 そんな中、今日もまた一人女神の名を持つ店に訪れる客がいる。 彼女は一体、どのように美しくなるのか。 そして、美しさとは。 ※注:「AFRODITE」はイタリア語表記となっております。
24hポイント 170pt
小説 3,521 位 / 44,935件 ライト文芸 221 位 / 2,059件
文字数 27,149 最終更新日 2018.04.30 登録日 2018.03.31
昔々のお話です。 ある世界に、とても気の毒な女性が一人おりました。 けれどその女性は、その世界ではとても不幸な境遇にありました。 決められた人生を何度も歩み、何度も辛い時間を繰り返していたのです。 何千、何億もの時を過ごし、心の痛みを受け続ける気の毒な彼女。 けれどある日『誰か』は言いました。 「彼女を救いたい。彼女を解き放ち、そして僕の手で幸せにしたい」 この世界の片隅で口にされた切なる願い。 『彼』と『彼女』の行く末は―――
24hポイント 85pt
小説 4,991 位 / 44,935件 恋愛 1,742 位 / 10,697件
文字数 18,209 最終更新日 2017.12.02 登録日 2017.11.26
『蛇』に関わる物を見ると、いつも脳裏に蘇る光景がある――― 幼少時目にした白蛇を思い出しながら、私、芝内碧(しばうちみどり)は届いたばかりの年賀状を眺めていた。友人から送られたそれには、白い躰に紅い瞳の『白蛇』が描かれている。 あの白蛇はどうなったんだろうか。 もう確かめようが無いと判って居る筈の問いかけが、心に浮かんだ日。 私は自分が、三つの偶然と必然に囚われていたという事に、気づいてはいなかった。
24hポイント 21pt
小説 9,564 位 / 44,935件 キャラ文芸 156 位 / 1,254件
文字数 2,668 最終更新日 2017.11.22 登録日 2017.11.22
恋愛 完結 長編 R15
「君が俺から去るなんて、許さない」そう言って、彼は私に薬を飲ませた。 七年、彼の秘書をした。他人に関心の無い人なのだと、そう思っていたのに―――。 囚われたのは、身体か、それとも。 不器用な男が愛したのは、自分の元を去ろうとしている秘書。 彼女を放したくないが為に、彼が画策した事とは――?
24hポイント 702pt
小説 1,237 位 / 44,935件 恋愛 453 位 / 10,697件
文字数 75,654 最終更新日 2017.10.25 登録日 2016.09.28
恋愛 連載中 短編 R18
眼鏡フェチOL、来月29歳の中原美里(なかはら みさと)は、目の前の後輩男子にある思いを抱いていた。彼の名は宮野友幸(みやのともゆき)。院卒、性格良し、造形良し、軽口を叩き合える程度には仲も良い。 けれど――― 「……その眼鏡、似合ってないわよ」 ―――言ってしまった。言ってはいけなかった事を。 『邪道』な眼鏡に耐えきれず、つい口を出してしまったけれど、それがまさかあんな事になるなんて―――? 結婚適齢期女子、現実的な恋愛しかしたくない主人公に、年下男子(若干ヤンデレ)からの猛アタック攻撃が始まります。 五つも下の遊び盛りを相手にしている暇は無い。だけど、惹かれてしまうのも仕方ない。
24hポイント 21pt
小説 9,564 位 / 44,935件 恋愛 3,163 位 / 10,697件
文字数 11,008 最終更新日 2017.10.22 登録日 2017.06.29
恋愛 連載中 長編 R15
上司に残業を言い渡された主人公、藤宮亜紀(ふじみやあき)。 クタクタになって自宅アパートに帰りついたはずが、なぜか残業を指定した張本人的場(まとば)課長とばったり鉢合わせてしまい……!? (2019/02/17 現在まるっと修正中です。内容に変更はありません)
24hポイント 99pt
小説 4,649 位 / 44,935件 恋愛 1,593 位 / 10,697件
文字数 60,912 最終更新日 2016.11.10 登録日 2016.09.28
お酒の神様―――バッカスの力を借りて、あたしは今日小さな計画を実行する。アイツの温もりに、ただ一度だけ触れるために。
24hポイント 35pt
小説 7,790 位 / 44,935件 恋愛 2,625 位 / 10,697件
文字数 5,044 最終更新日 2016.09.23 登録日 2016.09.23
恋愛 完結 長編 R15
只の生意気な弟だと思っていたのに――。6年前、母の再婚で突然義理の弟が出来た。子供だとばかり思っていた彼が変わっていったのはいつからだろう。変化したのは彼――?それとも私――?
24hポイント 85pt
小説 4,991 位 / 44,935件 恋愛 1,742 位 / 10,697件
文字数 60,732 最終更新日 2016.09.20 登録日 2016.09.20
恋愛 連載中 長編 R15
残業上がりの深夜一時、幸嶋 新(こうじま あらた)29歳は何者かに後をつけられていた。 「血を寄越せ……」その一言に、よっしゃ変態上等死にさらせ!と足を振り上げたところ―――ノックアウトした変態は、よくよく見るとイケメンだった。 あれ?嘘これってただの具合悪い人? 男前なお局OLが、ヘタレなヴァンパイアと織り成すあれこれ。
24hポイント 63pt
小説 5,828 位 / 44,935件 恋愛 2,032 位 / 10,697件
文字数 20,461 最終更新日 2016.09.20 登録日 2016.09.20
恋愛 連載中 長編 R18
四年目の結婚記念日、私は夫に離別の言葉を告げた。 けれどもそれは了承されず、私はその意思が固い事を示すため、家を出る事にした。 その次の日から変わった夫の態度。 「期待するな」と突き放し、甘い言葉の一言も囁かれる事は無く。 もう、お互い心は枯れているのだと思っていたのに。 愛されていないと思い込んだ妻、けれど夫は言葉にしないながら、突き放しておきながら、深く妻を愛していて――― 不器用な二人の、やり直しの恋の物語。 言葉はいらない。この温もりが、全てだから。
24hポイント 78pt
小説 5,368 位 / 44,935件 恋愛 1,823 位 / 10,697件
文字数 1,397 最終更新日 2016.09.18 登録日 2016.09.18
23 12