かぐら

かぐら

のんびり更新予定。
1
恋愛 連載中 長編 R18
・時々、誤字脱字やうっかり入れ忘れた文章などを追加しています ・作品タイトル修正しました ***********  創世神エレヴェドの祝福を受ける、多種多様な種族が住む、魔法が存在するとある世界。  プレヴェド王国の公爵令嬢であるエリザベスは悲しみのどん底にいた。  婚約者である第二王子イーリスが最近、精霊の愛し子と呼ばれる伯爵令嬢に熱を上げており、しかも学園の空き教室でふたりがキスをしている場面を目撃してしまったのだ。  婚約しているのはエリザベスなのに、イーリスは伯爵令嬢が婚約者であるかのように振る舞うし、彼女もそうであるかのように振る舞う。  エリザベスはひとり、人気のない学園西棟の中庭のガゼボで決して今まで零さなかった涙を流しながら決意する。  自分の持てる全ての力を使って、あの女をイーリスから遠ざけようと。 ――というのが乙女ゲーム「紅乙女の幻想曲〜ファンタジア〜」に登場する、第二王子ルートの悪役令嬢エリザベスが主人公(ヒロイン)に虐めをするきっかけの逸話である。  主人公が第二王子ルートを選択した場合に、エリザベスは身につけた知識と持てる権力を使って主人公を追い詰めるのだが、実は主人公が第二王子ルートを選択しようがしまいが、エリザベスは幸せになれない。  良くて仮面夫婦で第二王子の愛を得られないまま仕事に生きるか、最悪第二王子暗殺未遂の容疑(本当かどうか不明)で国外追放である。  この、乙女ゲームによく似た世界のエリザベスも同じ運命を辿ろうとしていた。  ところが、この乙女ゲームをプレイしたことがある前世の記憶を持つ、とあるモブ令嬢は悪役令嬢エリザベスに憐憫の情を覚えていた。  だから、その運命の日モブ令嬢はうっかりボヤいてしまったのである。 「彼女、今頃あの西棟の中庭で泣いてるのかしら」  と。  これは、悪役令嬢になるはずだったエリザベスが幸せを掴み、モブ令嬢はエリザベスを応援しているうちにいつの間にかモブじゃなくなる物語。 ※R15は*、R18は**がタイトルにつきます。 ※悪役令嬢視点完結後、モブ令嬢視点を更新予定。
24hポイント 63pt
小説 8,076 位 / 85,350件 恋愛 3,602 位 / 22,791件
文字数 80,734 最終更新日 2020.10.04 登録日 2020.04.27
1