深川 花街たつみ屋のお料理番
アルファポリス文庫

深川 花街たつみ屋のお料理番

みお /
alma / 装丁イラスト
第5回アルファポリス歴史・時代小説大賞お江戸人情噺賞受賞!
深川の花街、大黒で行き倒れていた醜女。妓楼たつみ屋に住む絵師の歌に拾われた彼女は、「猿」と名付けられ、見世の料理番になる。 元々厨房を任されていた男に、髪結、化粧師、門番、遣手婆……この大黒にかかわる人々は皆、何かしらの事情を抱えている。もちろん、歌も。 そんな花街も、猿がやってきたことをきっかけに、少しずつ、しかし確かに変化していく――
■文庫本 ■定価670円 + 税 ■2020年11月07日発行
Amazon.co.jp 楽天ブックス セブンネットショッピング honto