料理屋おやぶん ~ほろほろしょうゆの焼きむすび~
アルファポリス文庫

料理屋おやぶん ~ほろほろしょうゆの焼きむすび~

千川冬 /
ゆうこ / 装丁
江戸の町に花開く、人情噺とほっこり飯。
母親を亡くし、失踪した父親を捜しに、江戸に出てきた鈴。ふらふらになり、行き倒れたところを、料理屋「みと屋」を開くヤクザの親分、銀次郎に拾われる。そこで客に粥を振舞ったのをきっかけに、鈴はみと屋で働くことになった。「飯が道を開く」料理人だった父親の思いを胸に鈴は、ご飯で人々の心を掴んでいく。そんなある日、銀次郎が無実の罪を着せられて――!?
■文庫本 ■定価737円(10%税込) ■2021年10月05日発行
Amazon.co.jp 楽天ブックス セブンネットショッピング honto