毒を喰らわば皿まで ~箱詰めの人魚~
アンダルシュノベルズ

毒を喰らわば皿まで ~箱詰めの人魚~

十河 /
斎賀時人 / 装丁・本文イラスト
惡の華は悪意の沼に咲く
日本人男性だった前世の記憶があるアンドリムは、自身が生きているのが乙女ゲームの世界であることに気づく。彼は前世の知識と現世で得た才を活かし、己の運命に打ち勝ち騎士団長のヨルガと番になる。それから三年。アンドリムが相談役として力を貸しているパルセミス王国では、国王ウィクルムの結婚の日が迫っていた。婚礼に出席しようと各国の要人達が集まる中、パルセミスの王城に不気味な木箱が届けられる。その箱の中には、口がきけず、歩くことができない――「人魚」を想起させる、美しい裸の少女が入っていた。怪しい贈り物から悪意を感じたアンドリムは、箱を送った人物の目的を探り始めるのだが、次第に悍ましい真実が明らかになっていき――!?
■単行本 ■定価1,430円(10%税込) ■2022年08月20日発行
Amazon.co.jp 楽天ブックス セブンネットショッピング honto

CHECK!!

  • 登場人物紹介

著者の他の書籍

毒を喰らわば皿まで
悪役令嬢の父、暗躍す!!

毒を喰らわば皿まで

十河 /
毒を喰らわば皿まで ~竜の子は竜~
惡の血は絶えず脈々と流れ

毒を喰らわば皿まで ~竜の子は竜~

十河 /
毒を喰らわば皿まで1
高潔な騎士を堕とす

毒を喰らわば皿まで1

戸帳さわ /
十河 /