この度、夫が亡くなりまして。

 病気により逝ってしまった夫の葬儀を、エリーナは悲しみに暮れながらも必死にこなしていた。
 公爵だった夫は30も年上であったがとても良い人だった。
 悔やみを告げる名前も顔も見たことのない自称親戚筋が絶えた時、訪ねてきたのは元恋人でありこの国の王太子殿下でーー。
24hポイント 58,519pt
小説 20 位 / 48,794件 恋愛 14 位 / 11,597件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

「愛して欲しいだけだった。」

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:69034pt お気に入り:1566

俺もクズだが悪いのはお前らだ!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:88445pt お気に入り:2344

婚約破棄にはご注意を

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:55565pt お気に入り:3334

虐げられた侯爵夫人は逃亡を決意しました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:146140pt お気に入り:6530

あなたに嘘を一つ、つきました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:61429pt お気に入り:4351

黒狼の可愛いメイドなおヨメさま

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:75836pt お気に入り:2563

捨てられた令嬢は、いつの間にかに拾われる

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:21720pt お気に入り:594

悪役令嬢の鍵穴

ミステリー / 完結 24h.ポイント:29964pt お気に入り:267

クソ水晶(神)に尻を守れと心配された件

BL / 完結 24h.ポイント:2598pt お気に入り:1340