7個のチート能力は貰いますが、6個は別に必要ありません

「お詫びとしてどんな力でも与えてやろう」

目が覚めると目の前のおっさんにいきなりそんな言葉をかけられた藤城 皐月。
この言葉の意味を説明され、結果皐月は7個の能力を手に入れた。
だが、皐月にとってはこの内6個はおまけに過ぎない。皐月にとって最も必要なのは自分で考えたスキルだけだ。
だが、皐月は貰えるものはもらうという精神一応7個貰った。

そんな皐月が異世界を安全に楽しむ物語。

人気ランキング2位に載っていました。
hotランキング1位に載っていました。
ありがとうございます。
24hポイント 170pt
小説 2,573 位 / 32,375件 ファンタジー 1,154 位 / 11,894件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

神様との賭けに勝ったので異世界で無双したいと思います。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:33101pt お気に入り:4637

悪役令嬢は南国で自給自足したい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:42136pt お気に入り:3648

セカンドライフを異世界で

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:717pt お気に入り:2176

見た目はアレですが強いんですっ!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1767pt お気に入り:618

いずれ最強の錬金術師?

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:108056pt お気に入り:21620

スキルは見るだけ簡単入手!~ローグの冒険譚~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:21260pt お気に入り:4040