婚約破棄、しません

公爵令嬢であるユシュニス・キッドソンは夜会で婚約破棄を言い渡される。しかし、彼らの糾弾に言い返して去り際に「婚約破棄、しませんから」と言った。
特に婚約者に執着があるわけでもない彼女が婚約破棄をしない理由はただ一つ。
『彼らを改心させる』という役目を遂げること。
第一王子と自身の兄である公爵家長男、商家の人間である次期侯爵、天才魔導士を改心させることは出来るのか!?

本当にざまぁな感じのやつを書きたかったんです。

※こちらは小説家になろうでも投稿している作品です。アルファポリスへの投稿は初となります。

※宜しければ、今後の励みになりますので感想やアドバイスなど頂けたら幸いです。

※使い方がいまいち分からずネタバレを含む感想をそのまま承認していたりするので感想から読んだりする場合はご注意ください。ヘボ作者で申し訳ないです。
24hポイント 21pt
小説 19,422 位 / 125,860件 恋愛 8,051 位 / 36,059件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

取り巻き令嬢Aは覚醒いたしましたので

恋愛 / 完結 24h.ポイント:21pt お気に入り:1641

ただの子爵令嬢が悪役令嬢なわけないでしょ!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:21pt お気に入り:4157

国を追い出されたら隣国の皇帝にお持ち帰りされました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:156pt お気に入り:1352

真実の愛に目覚めた伯爵令嬢と公爵子息

恋愛 / 完結 24h.ポイント:868pt お気に入り:1367

嫌われ者の令嬢は、私が愛しましょう。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:44346pt お気に入り:7702

異世界行き遅れ令嬢はなんだかんだ言いながら、幸せを掴む~

恋愛 / 完結 24h.ポイント:71pt お気に入り:284