キョウちゃんに愛されるのは僕だけでいい

響という名の彼の事を、僕は親しみを込めて『キョウちゃん』と呼んだ。不良に絡まれてた僕を助けた為に、学校では番長と呼ばれている。
これは不器用なキョウちゃんと、人を不幸にするのが得意な僕の話。
※性描写はあまり多くありません。あってもあっさり終わります
24hポイント 7pt
小説 21,327 位 / 74,568件 BL 3,750 位 / 6,754件