子どもじゃないから、覚悟して。〜子爵の息子、肉屋の倅を追い詰める。〜

 拙作『カリスマ主婦の息子、王様を餌付けする。』のスピンオフ。

 肉屋の倅シルヴェスタは、今年三十歳になる働き盛りの男である。王弟殿下の立太子の儀で国中が湧き立つ中、しばらく国を離れていた弟分が帰国してきた。

 弟分⋯⋯アイゼン子爵家の三男フレッドは、幼い日に迷子になっていたところを保護されて以来、折に触れてシルヴィーにアピールしていたものの、十二歳の歳の差もあって、まったく相手にされていない。

「もう僕は子どもじゃない」

 一途なフレディは、シルヴィーに宣戦布告をするのだった。


 物憂げで優美な青年 × 童顔細マッチョ


 ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂


 前作を未読の方でも楽しんでいただけると思いますが、ふたりの出会いは『カリスマ主婦の息子、王様を餌付けする。』にて詳しく書かれています。ご好評いただき、調子に乗ってスピンオフを始動いたします!

 とか書いていましたが、前作のストーリーが強く絡んでまいりました。ちょっと長いですがお読みいただくとよりわかりやすくなると思われます。

 attention‼︎

『えっちはえっちに書こう』をスローガンにしています。該当シーンはなるべく話数を跨がないよう調整してお届けします。十八歳未満のお嬢様、えちえちが苦手な方は『✳︎マーク』を目安にご自衛ください。
24hポイント 184pt
小説 7,074 位 / 148,424件 BL 1,457 位 / 17,065件