存在、証明できません!?

私、田中一子は高校二年生。
ある朝目覚めたら、自分の居所がなくなっていた。
お母さんも妹も私のことを知らないと言い出すので、慌てて自分の部屋に戻ったら、部屋はいつの間にか物置に。わけも分からないまま家を追い出された私は、とりあえず私を知っている人を捜して学校に向かったんだけど、やっぱり誰も分かってくれない。途方に暮れていたところに「田中一子様、捜しましたよ」って声が。やった! やっと分かってくれる人がいたと思ったら、今度は私が知らない人。しかもその人は人じゃなくって天使だって言うのだ。天使は私が今朝死んだって言う。でも、生きて動いてんじゃん、私。逃げる私と追いかける天使の行く先は?
24hポイント 0pt
小説 60,610 位 / 60,610件 ファンタジー 19,421 位 / 19,421件