死神先生の異世界課外授業


「ここはどこだ?」

神代 薫は鬱蒼と生い茂る森の中で目を覚ました。

微かに聞こえる不穏な音。
動物の鳴き声ではなさそうだった。

鼻腔に微かに届いた死の匂い……
ここは一体どこなのだ?


ドッカーン!!

突然、目の前に栗毛色の武装した女の子が降って来た。

目の前には大きなクレーターのように地面が沈没している。

「逃げてください!ここも安全ではありません!奴らが追って来ます!さ、早く逃げて!」

「はい?逃げる?奴ら?あの、一体なにが……」

栗毛色の少女に事情を聞こうと先程の衝撃で尻餅をついた腰をあげた薫だったが、そんな余裕はなさそうだった。


なぜなら、彼の五感が死を察知したから。
逃げなければ……
死の恐怖が迫って来てる。

ここがどこかも彼女が何者なのかも分からないが、死んでしまっては意味がない。

辺りをキョロキョロと見渡す彼女の腕を掴み、薫は走り出した。

死から逃れる為、死の匂いが届かないところまで、走るしか今は出来ない。


クッククとニヒルな笑みを浮かべた薫に彼女は気づいてはいない。


さあ、授業を始めようか
死学の時間だ。
24hポイント 0pt
小説 68,629 位 / 68,629件 ファンタジー 20,741 位 / 20,741件