雨降らし

身寄りがなく、娼婦へと身を落とした主人公は、凍えるような自己嫌悪に陥っていた。
そんな時、彼女の前に現れたのは、燃えるような赤髪の男だった――――
24hポイント 0pt
小説 96,698 位 / 96,698件 現代文学 5,091 位 / 5,091件